健康のための寒中水泳。実は大きな危険が潜んでいる!?

スポンサードリンク

あなたは寒中水泳のイメージを

どうもたれますか?

なぜわざわざ寒い冬に

行うのでしょう?

危険はないのでしょうか?

今回は寒中水泳について少し調べてみました。

寒中水泳で注意しなければいけないことは!?

極寒の中で行われる寒中水泳では

どんなとことに注意したらいいのでしょう?

ここで寒中水泳を行う上での注意点を

まとめてみたいと思います。

1.直前に念の為に健康診断を受けておく。

2.十分に準備運動をしておく。

3.日頃より寒中摩擦などで冷たい空気にならしておく

4.事前の対策として冷たいタオルで

身体を拭いたりして空気への抵抗力をつけておく

5.入水前には、最初に手足を濡らし、

水を少しずつ足の上部からかけていき

肩や背中などにもゆっくりと水をかけながら

冷たさに時間をかけて慣らしていく。

寒中水泳をしていくためには、

それなりの準備と心構えが必要のようです。

寒中水泳って心臓麻痺になったりしないの!?

 

寒中水泳って心臓麻痺を

起こしたりしないのでしょうか?

寒中水泳は、事前に心構えに従って

それなりの準備もしていくので、通常は大丈夫です。
逆に言えば何の準備もないまま、

突然極寒の水中に放りこまれたら、

命の保証はないでしょうね。

その為に事前に

①健康診断を受け、適切な健康状態であることを確認しておくこと

②寒中水泳についての知識をもっておくこと

そして

下記の3点をしっかり行っていくことで

心臓麻痺などは回避することができます。

・水から上がった直後は、一気に震えがくるので、

手早く身体の水気を タオルでふき取り、

暖かい衣類を何枚も重ね着しましょう。

・冷え切った身体に体温を取り戻すために

温かい飲み物をしっかりと取りましょう。

・特に温めるのは足元を中心にすると

早く身体が温まります。

■ここで寒中水泳のメリットについてまとめてみたいと思います。

・寒中水泳は、身体の温度を上げようと、

スポンサードリンク

脂肪の燃焼する力が強く働き、

エネルギが大量に消費されます。

・寒中水泳の運動効果で、脂肪燃焼されやすく、

血流の流れがよくなり、健康になります。

・寒中水泳を行うことで、精神力が鍛えられ、

その影響で免疫力も上がり、よって病気に

負けない身体づくりができます。

・寒中水泳は、冷たい水に抵抗をしながら泳いでいくので、

強い精神力と忍耐力をつけることができます。

・寒中水泳することで、

身体の中ではあらゆる内臓機能が活性化し、

血流が活発になり、

筋肉の細胞も鍛えることができます。

・寒中水泳を行うことで、

脳内のアドレナリンが分泌され、

物事にたいしてのモチベーション意識を上げることができます。

人は寒い所でじっとしていると

体内温度がどんどん下がり、

それに比例して免疫力も下がります。

けれど寒中水泳の目的は、水につかってじっと

していることではなく、水の中で泳ぐことが

目的となります。

泳ぐことで血流の流れを

最大限に活発にすることができ

特に脂肪細胞、筋肉細胞に働きかけ、

健康増進に役立ちます。

■驚くべき脳内物質
人は突然の災害にあったりすると

生命の危険を知らせるために

ドーパミンやエンドルフィンが

大量に分泌されるといわれます。

冷たい水の中で泳ぐという行為により、

同じようにこのドーパミンエンドルフィンなどが

分泌され幸福感、意欲、モチベーションアップなど

体感することができます。

一例としてマラソンのランナーなどが

過酷な長距離に臨んでいるときも

同じ現象がおきているようです。

まとめ

いかがでしたか?

寒中水泳は、何の準備もなく初めてしまうと、

重大な疾患やけがなどにつながる

こともありますが健康増進に

役立てることもできそうです。

その際はきちんと寒中水泳について

理解をしたうえで、手順に従って、

最初は準備運動から進めていきましょう。

日頃の準備として、お風呂などで、

シャワーの温度を少しずつ下げて

身体にかけていき、

冷たい水への抵抗にならしていくとよいでしょう。

寒中水泳の前には、

くれぐれもアルコールなどの摂取は

しないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする