ランニングで顔痩せしたい!どのぐらいの期間で痩せられる?

スポンサードリンク

鏡を見るたびに顔の大きさが気になる…

みんなと写真を撮るのが憂鬱…

小顔にあこがれを持っている方は多いですよね。

ダイエット効果があるランニング。

ランニングは顔痩せにも効果があるのでしょうか?

今回はランニングをすることで顔痩せの効果も期待できるのか調査してみました。

ランニングで顔痩せしたいならどの位の時間走ればいいの?

ランニングをすることでなぜダイエットの効果が得られるのか?

ランニングは運動のなかでも有酸素運動といわれる分類です。

有酸素運動とはその名の通り酸素を運動中に取り込み、

その酸素をエネルギー源として脂肪を燃焼させる運動のことです。

有酸素運動のランニングを行うことで

脂肪が効率よく燃焼されるのでダイエットの効果が

期待できるのです。

また脂肪燃焼の効果だけでなく、

血行促進や水分代謝の促進の効果も期待できます。

顔が太ってしまう原因には

「脂肪太り」「むくみ」「筋肉の老化によるたるみ」

が考えられます。

顔が太ってしまう原因とランニングをすることで得られる効果を考えると、

顔痩せの効果も期待出来そうですよね。

でもランニングをする場合、どの位の時間を走ることで

ダイエットの効果を感じることが出来るのでしょうか?

ダイエットを目的としたランニング時間の目安は

20分以上だそうです。

これは有酸素運動を行って脂肪燃焼が始まるのが

大体20分以降だからです。

それより前で終わらせてしまうと脂肪が燃えず、

残念ながらダイエットの効果はほとんど感じることが

出来ないようです。

また長く行うこともおススメではありません。

普段から長距離を走っていれば問題ないですが、

急に長い距離を走ってしまうと身体に

かなりの負担を与えてしまいます。

体調を崩してしまえばダイエットはしにくくなります。

ダイエットを成功させる大事なポイントは

健康であること。

そのため、無理のない程度でランニングを行うことが大切になってきます。

スポンサードリンク

ランニングでの顔痩せ、効果はいかに!?

実際ランニングは顔痩せの効果があるのでしょうか?

調べた結果、ランニングをすることで

顔痩せの効果は期待できるようです。

しかし劇的な変化を感じるのは難しいようです。

顔痩せをするには顔の筋肉が動き顔の脂肪が燃焼すること、

顔の血流が良くなり老廃物がしっかり排出されむくみが解消されること

が必要となります。

実は顔に筋肉は普段の生活では20%程度しか使われていないのです。

そのため筋肉をしっかり動かし、

鍛えるのが難しい場所ともいわれています。

ランニングをしていても顔の筋肉へと刺激を与えることが

出来ないと顔痩せはある程度の効果しか感じることが出来ないのです。

ただランニングしているだけでは顔痩せの効果は難しいといえます。

ランニングによって顔痩せをしたいと考えている方は

ランニング時に顔への筋肉に刺激を与えることを

意識しなくてはいけません。

顔の筋肉を使う方法でよく言われているのは、

様々な表情をすることです。

顔の筋肉を縦や横、様々な方向に動かすのです。

でもランニングしているときにそういった顔をしていたら

変な人に思われてしまいます。

そこでおススメなのが顔の筋肉を刺激する呼吸法です。

息を吸うとき口をすぼめ、吐くときに口を横に広げます。

こうすることで顔に筋肉への刺激になりますし、

有酸素運動としても効率的なんです。

あごを引くということも大切です。

また顔の筋肉は頭頂部から肩甲骨にかけてつながっています。

そのため肩甲骨の動きも顔の筋肉への刺激になるのです。

ランニングをしているとき肩甲骨を意識して

腕を振ることも顔への良い影響となるでしょう。

まとめ

ランニングによるダイエットの効果は

特に動かす体の方が感じやすく、

顔への効果はどうしても少なくなってしまうようです。

しかし顔の筋肉を刺激することだったり、

ランニングを続け身体の代謝があがれば

顔痩せの効果を感じることは必ずできるでしょう。

即効性は期待できない方法ですが、

顔痩せだけでなく他の部分もダイエットしたかったり、

健康的な体作りを希望しているようでしたら

ランニングは有効といえるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする