必須アミノ酸9種類はそれぞれ効果が違う!?意味無し摂取は避けるべき!

スポンサードリンク

育ち盛りの子どもの食事って

色々考えますよね~。

「栄養のことを考えて作らなきゃ!!」

なんて、わかってはいるけど・・・

どんな栄養素がどういいのか?

どの食べ物に、どんな栄養素が

含まれているのか・・・?

テレビやネットでは毎日のように、

健康にいい栄養素の情報が溢れていますが、

全部を信じていいのかしら??

大人と違って子どもは、

与えられた食事を摂ることがほとんどです。

学校での給食は、

ちゃんと考えられた食事内容だけど、

問題は自宅での食事でしょう!

そこで今回は、

子どもに本当に必要な栄養素は何か?

ご紹介します。

必須アミノ酸9種類!それぞれの役割や効果とは?

育ち盛りの子どもに必要な栄養素・・・

調べたら、最初に出てきたのが

「たんぱく質」。

たんぱく質って、

三大栄養素の一つだからよく耳にするけど、

具体的には、どんな栄養素なんでしょう?

  • たんぱく質とは

20種類存在するL-アミノ酸が

鎖状に多数連結してできた高分子化合物であり、

生物の重要な構成成分の一つ。

アミノ酸、これもよく聞くけど

アミノ酸がたんぱく質を作っていたんだ。

よくプロのスポーツ選手やアスリートたちが、

運動能力向上の為に摂取している、

というイメージがあるけど・・・・

子どもの成長にも必要だったんですね。

そしてアミノ酸の20種類も、

2つに分けられています。

体内で生成できる「非必須アミノ酸

体内で生成できない「必須アミノ酸

必須アミノ酸は、

食べ物から毎日必ず摂取しないといけない、

アミノ酸です。

そして、その必須アミノ酸は9種類あります

必須アミノ酸9種類の役割と効果

  • バリン

体のたんぱく質を作る能力と

体力や筋力の向上

  • ロイシン

体のたんぱく質を作る能力と

体力や筋力の向上

  • イソロイシン

体のたんぱく質を作る能力と

体力や筋力の向上

  • メチオニン

肝機能向上、アレルギー抑制

  • フェニルアラニン

精神安定、記憶力強化

  • トリプトファン

リラックス効果、集中力、記憶力

  • ヒスチジン

副交感神経を沈静させ、

貧血改善をサポート

  • スレオニン

肝機能をサポート

  • リジン

カルシウムの吸収を促進、

脂肪燃焼促進

必須アミノ酸の主な役割と効果をあげました。

役割と効果が重なっているものが

いくつかあることも分かりましたよね。

スポンサードリンク

今のあなたに必要なのは?効果的にアミノ酸を摂取する方法

アミノ酸のことは、

いろいろ調べて解ったけど、

それを、最も効果的に摂る方法は

ないものなんでしょうか?

手っ取り早くとかまでは言わないけど・・・

まずは、バランスのとれた食事が

基本ですよね。

それから、食品からだけじゃ不足しやすい種類は、

サプリメントからの摂取も効果的です

でも、もっと効果的にアミノ酸を摂るには

タイミングもあります。

  • 運動やトレーニング前に摂りたいのは

・バリン

・ロイシン

・イソロイシン

運動後30分以内に摂取すると、、

体力増進に効果的。

  • 夕食時に摂りたいのは

・イソロイシン

・スレオニン

・ヒスチジン

成長ホルモンは、夜間の就寝中に

もっとも放出するとされています。

卵や鶏肉、鮭、

さつまいもなどを使ったメニューを

夕食に出したり。

成長促進効果が期待できる

イソロイシンが含まれている牛乳を

就寝前にホットミルクにして飲むのも良いです。

  • 安眠に効果的なのは

・トリプトファン

・グリシン

就寝の30分~1時間前に摂るのが効果的。

ですが就寝前の食事は、

消化活動で安眠が妨げられる可能性があるので、

サプリメントでの摂取がオススメです

アミノ酸が子どもの成長にいいからと言って、

むやみやたらに摂取すればいい、

というものではないということも分かりましたよね。

何事にもタイミングって大事です。

でも、大事なことはまだあります。

個別効果をもたらすアミノ酸は、

人によっては身体機能のバランスを

崩すこともあります。

特に、脳に大きな影響を与えるアミノ酸は

12歳以下のお子さんはやめておきましょう。

市販されているサプリメントには、

過剰摂取にならない量に配合されています。

ですが、

使用量を無視して大量摂取するのは

控えてください。

いろいろ心配なときは、

掛かりつけのお医者さんに

相談したほうがいいかもしれません。

たくさんお話してきましたが、

大切な子どものために、

バランスの良い食事とサプリメントを

上手に使って、健やかな成長を促しましょう!

多少、難しいことも

子どものためならできる!はずです

がんばりましょうね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする