スタンドでのタイヤ交換って高くつくって本当なの?

スポンサードリンク

日頃車を運転する人でも、タイヤの溝が減っている事に

気が付く方は少ないのではないでしょうか。

気が付いた時に交換しなきゃと思うのですが、

タイヤの販売をしているのを見かけるのは

ガソリンスタンドだけと言う方もかなり多い事でしょう。

ではガソリンスタンド以外でもタイヤ交換は出来るのでしょうか。

そもそもガソリンスタンドでのタイヤの交換は高くつくのでしょうか?

ガソリンスタンドでタイヤ交換すると高くつくって本当?

ガソリンスタンドでは多かれ少なかれ

タイヤを必ずと言っていいほど販売しています。

端の方に新品タイヤが置いてある事は知っていると言う場合も多く、

価格までしっかりとチェックしている事は少ないでしょう。

ガソリンスタンドでは大きい店舗であれば、

ある程度のタイヤサイズを用意しありますが、

小さい店舗になると、売れ筋のタイヤのみしか

販売していないケースが多いです。

ガソリンスタンドでタイヤ交換する場合の金額は高くつくのか?

と疑問に思う方も多いでしょう。

実際の所は、タイヤはオープン価格の物が多く

タイヤの値段はガソリンスタンド自体が値段を決めています。

店舗によっては非常に高いタイヤも販売しているケースがあります。

一般的にはガソリンスタンドでは

ガソリンの販売だけでは利益が少なく、

利益を上げるためにタイヤ等のカー用品を

販売しているケースがほとんどです。

また作業工賃も同じことが言えるために、

高い料金を請求される事もあるようです。

一番の懸念事項としては、ガソリンスタンドで

タイヤ交換する作業員の問題があります。

専門店のように毎日タイヤ交換をしている作業員とは違って、

ガソリンスタンドでは、毎日タイヤ交換をしている店舗は

そうないはずです。

作業員のタイヤ交換に対する熟練度が確実に違います。

ガソリンスタンドでタイヤ交換をする場合には、

スポンサードリンク

絶対的に価格は高く付く訳では、ありませんが

全体的にみるとどうしても割高感があると思います。

タイヤ交換の費用を抑えたい場合、どういう所にお願いすればいいの?

タイヤ交換をしてくれるのは、ガソリンスタンドだけではありません。

タイヤ交換をしてくれる所は、ディーラー、カー用品店、修理工場などです。

先ほども紹介したとおり、タイヤの価格はオープン価格のものもかなりあります。

その為に、タイヤの仕入れ値と利益の関係上で

販売価格が決まってきます。

そうなると、タイヤの販売を多数行っている所が

有利と考える事になります。

但し、タイヤの価格は、基本的には大きく差が生じない状態と

思っていた方がいいでしょう。

タイヤ交換で大きな差が生じるのは、工賃になります。

工賃の中にはタイヤの取り外し、バランス取り、廃タイヤ処理費用が含まれます。

タイヤ交換費用を安く抑えたい場合には、

どれだけ顔馴染みになっているかにもよってきます。

顔馴染みになっていると割引率が高くなる傾向があります。

また、車検と当時にタイヤ交換をお願いする場合等も

タイヤを安く購入する事が出来ることになります。

またインターネットでタイヤを購入する方法もあります。

タイヤの本体費用を抑えるには一番いい方法になりますが、

タイヤ交換を行う場所を探す手間が掛かってしまいます。

交換が出来る場所が見つかっても、

工賃が通常の倍近い費用を請求される事が多いです。

ディーラー・カー用品店・修理工場・ネット通販は

基本的にはガソリンスタンドでタイヤ交換するよりも

比較的に安く抑える事が出来ます。

ネット通販以外は、なるべく顔馴染みになっておく事が安く抑えるコツになります。

まとめ

スタンドでタイヤ交換すると高くなるのか?

と安くタイヤ交換を行うには?

について紹介してきました。

同じメーカーでブランド・サイズも同じ場合には、

ネット通販が一番安く手に入ります。

工賃が一番安くあげられるのは、修理工場又はカー用品店になることになるでしょう。

ガソリンスタンドでのタイヤ交換は

やはり工賃が他よりも若干高めに設定されている事が多いので、

スタンドでのタイヤ交換は最終手段と考えた方が良さそうです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする