ドライブレコーダーを後方につけて煽り運転対策!でも後ろに付けられるの?

スポンサードリンク

最近ニュースなどで報道されているのが、煽り運転をされて引き起こされた事故です。

悪質なドライバーによって、煽られて恐怖を感じた方も

たくさんいるのではないでしょうか。

そんなときにドライブレコーダーが後方にもついていたらと感じる事もあるでしょう。

前方に取り付けるドライブレコーダーはあるのは知っているが、

後方に取り付ける事が出来るドライブレコーダーもあるのでしょうか。

ドライブレコーダーを後方につけて煽られた時の対策をしたいけど、後方に付けることは可能なの?

カー用品店では、店舗の一角に大きくドライブレコーダーの

販売スペースを取っている所が最近多いです。

それだけドライブレコーダーの需要が大きくなってきている証拠でもですね。

普通ドライブレコーダーと言うと前方を録画する事で、

事故などが起きた時にどの様な状況で起きたのかなどを

鮮明に録画してくれています。

それに、販売しているドライブレコーダーは前方に設置するタイプの物しか

見たことが無いと言う方もいると思います。

実際には後方撮影用のドライブレコーダーも存在はしています。

後方専用のドライブレコーダー単体と言う物は無さそうですが、

よく探すとドライブレコーダーがセット販売されている物もありますので、

探して見てもいいでしょう。

ドライブレコーダーを後方に取り付ける事は、

販売されているドライブレコーダーからもわかる通り、

取り付けは可能になっています。

ただ、後方専用のドライブレコーダーになると、

かなり小型になり画質も前方に設置するタイプに比べると

解像度が落ちてしまいます。

煽り運転をされた時の為の録画用としては、

前方タイプほどの解像度は必要はなく、ある程度の解像度でも問題はないでしょう。

スポンサードリンク

ドライブレコーダーを後方に付ける時の注意点ってあるの?

ドライブレコーダーを後方に取り付ける場合には何に注意をしたらいいのでしょうか。

ドライブレコーダーをリアガラスに取り付ける際には、

フロントガラスと同様にリアガラスの縦方向の長さに対して

上部から20%以内に取り付けなければなりません。

リアガラスの縦方向の長さが70cmの場合には上部から14cm以内に

取り付けないといけないと言う事になります。

真ん中に取り付けるのが一番いいのですが、

バックミラーの視界を妨げるようであればミラーで確認しながら

ドライブレコーダーを設置します。

それにリアガラスに取り付ける際には、電熱線が入っているので、

それを避けなければなりません。

そうなると取り付け位置は、上部に決まってしまう事になります。

また、後方を録画する場合に相手の車両に乗っている方が写り込んでしまいます。

その場合、録画したデーターを動画サイト等にアップデートすると、

プライバシー侵害・肖像権侵害等のトラブルに発展する可能性が高いです。

また後方にドライブレコーダーを取り付けていると言うだけで、

不快と感じるドライバーの方も少なくはないようですから、

ドライブレコーダー搭載車等の表示をしておく必要もありそうです。

不快に感じると言うドライバーは運転が粗い傾向が高いのかもしれませんね。

まとめ

ドライブレコーダーを後方に取り付ける事が可能なのか?

と取り付ける際の注意点について紹介してきました。

煽り運転されると誰もが、不快や恐怖心を抱いてしまいます。

煽り運転をするドライバーは確かに悪質ですが、

煽り運転をされる側にも多少の落ち度があることもあります。

自分は悪くないと思っていて、突然となりの車線に移った場合に、

実はそこに車がいた場合等です。

その結果煽られてしまったと言う事も考えられます。

常に自分の運転にも気を配ることがも大事ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする