大人が泳げるようになるには一般的にはどのくらいの期間が必要?

スポンサードリンク

子供をプールや海に連れていかなくてはいけない…

やっぱり泳げるようになりたい…

さまざまな理由で大人になってから泳げるようになりたいという方いますよね。

でも大人になってから泳げるようになるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?

今回は大人が泳げるようになるまでについてご紹介します。

泳げるようになるにはどのくらいの期間が必要?スクールに行った方がいいの?

大人になってからも泳げないという方は何かしらの理由があることが考えられます。

とくに多い理由は「水が苦手」。

水の中に入ると息を止めなくてはいけないですし、音も聞こえづらくなります。

そのことを不安に感じたり、小さいときにおぼれかけたなど

いやなイメージがあり水が苦手になってしまうことで

泳げなくなってしまっている人もいるそうです。

そういった方はまず水に慣れるというところから始めなくてはいけません。

そうなると泳げるようになるまでは少し時間がかかってしまうかもしれませんね。

泳げるようになるまでにかかる期間は個人差があります。

数日で泳げたという方もいれば、数ヶ月かかったという方もいます。

平均的には1~2ヶ月くらいで泳げるようになったという方が多いようです。

大人になってから泳げるようになったという体験談などを調べてみると

ほとんどの方がスクールに通って泳げるようになったそうです。

その理由は自分ひとりでは自分が正しく泳げているのか確認できないから、

というものでした。

泳いでいるときの姿って自分では確認できないですよね。

その為何がいけないのか、自分では見つけにくいのです。

しっかり泳げるようになりたい方はスクールに通って

自分の悪い点を見てもらうことが早く泳げるようになるポイントといえるでしょう。

また一人でやっていると途中でやめてしまうことも考えられます。

スクールに通っていれば途中でやめてしまうことも防ぐことができるでしょう。

スポンサードリンク

泳げるようになるのって運動神経はやっぱり関係するの?

運動神経が悪いから泳げない。

そう思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし実際は運動神経と泳げるかどうかは直接的な関係はないのです。

水泳は他のスポーツと違い、水の中で行います。

そのため他のスポーツと体や筋肉の使い方が違います。

たとえ足が速くても、球技が得意でも、必ずしも泳げるということではないのです。

泳げるようになるために大切なことはうまく力を抜くということです。

力を入れると筋肉は収縮し、体の体積が小さくなります。

体積が小さくなるともらえる力が少なくなるため浮かなくなってしまうのです。

水泳にはしなやかな筋肉が向いています。

短距離走など俊敏さを求められるスポーツが得意な方は

力を入れるということに慣れているためうまく泳げないと

いう方が多くなりやすいそうです。

また水泳というものは手の動き、足の動きがかなり異なります。

いきなり泳ぎ始めるのではなく手だけ足だけなどを確認し、

どうしたら前スムーズに進められるのかを確認してから泳ぐことで

コツがつかみやすくなるでしょう。

あせると力が入ってしまい、体が沈んで泳げなくなってしまいます。

精神面も関わる点も他のスポーツと違う点かもしれません。

泳げるようになるペースは人によって違いがあります。

もし他の人よりも泳げるようになるペースが遅くてもあせらず、

自分のペースで練習するようにしましょう。

まとめ

水泳には血流促進、ダイエット効果、筋力アップ、疲労回復効果など

健康にも良いとされている運動のひとつです。

泳げないと諦めている方でもコツさえつかめれば何歳からでも

きっと泳げるようになります。

スクールは1日体験などをやっているところもあるので、

続ける続けないは関係なく1度体験に行ってみるのも良いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする