ベランダの洗濯物についてしまう虫対策で効果的な方法とは?

スポンサードリンク

天候の良い季節になりましたが…。

悩みも出てきますよね。

うちの場合は虫です。

ベランダの洗濯物を取り込もうとすると、手元に虫が!

ギャー!(´;ω;`)ウゥゥ

どうにかしなきゃいけません。

調べてみました!

ベランダの洗濯物についてしまう虫対策で効果的な方法とは?

ベランダで洗濯物についてしまう虫は、

  • カメムシ
  • ハエ
  • ゴキブリ

など。

虫対策としては、

<市販の虫忌避剤、殺虫剤を使う>

「虫コナーズ」などの、物干しにぶら下げるタイプの、忌避剤などをしみ込ませた網を使います。

また、ベランダの隅に殺虫剤を吹き付けるのも効果的。

<木酢液を使う>

殺虫剤などの強い薬を使いたくなければ、木酢液の原液を買ってきて、10分の1に水で薄めます。

そのままティッシュにしみ込ませ、コップなどに入れてベランダの隅に置きます。

<虫よけネットを張る>

ベランダを覆うような虫よけネットを貼ります。

ベランダ全体だと大変なので、蚊帳のようなものでしたら、5000円くらいで手に入ります。

また、洗濯物だけを覆うような小さいものを何個買ってもOK。

100均の洗濯ネットの、目の細かいのを使っても大丈夫です。

<虫が好みそうな香りの強い柔軟剤を使わない>

柔軟剤の強い香りを、蜂などが花の匂いと間違えて、寄ってきてしまうことがあります。

柔軟剤で無香料のもの、もしくは弱い香りのものを選んで使ってください。

匂いで言うとミント系の匂いは虫の忌避剤になるので、ミント系の柔軟剤を使うのも手です。

<虫がつきやすい夕方の時間の前に洗濯物をしまう>

朝早く干し、虫が活発に活動する夕方前に取り込んでしまいます。

遅くても15時くらいまでには、洗濯物をしまってしまいましょう。

真夏だと一番暑い時間ですが、効果てきめんです。

<手や棒で追い払う>

ある程度大きい虫なら、効果があります。

ただ、蜂ですと逆に刺激して刺される恐れがありますし、カメムシ相手ですと潰すと大変です(泣)

<夜に外に洗濯物を干さない>

夜に洗濯物を干すと、虫がついたり、洗濯物に卵を産み付けたりすることがあります。

スポンサードリンク

そのままタンスに閉まってしまうと…。ホラーですね(´;ω;`)ウゥゥ

夜、外に洗濯物を干すのは止めましょう。

<サンルームをつくる>

サンルームに洗濯物を干せば、いつ洗濯物を干しても大丈夫です☆

ただ、その辺で買ってきて…という訳にはいかないので、業者の方にお願いすることになります。

しかも何十万もかかります。

本当に虫に困っているご家庭なら、これもアリかな、というくらいのもので☆

<白い色、蛍光色の洗濯物は室内に干す>

カメムシや蜂は、白いなどの明るい色を好むそうです。

外に干すときは、白い色のものは室内干しの方が無難です。

などがあります。

そこで、物干し吊り下げ用の、虫よけ効果のある忌避剤を吊るしました。

洗濯物を昼辺りに取り込むことも、実践しています。

また、木酢液を10倍に薄めた木酢水を作り、ベランダの隅に置いておいたところ…。

だいぶ来なくなりました!^^

虫がついた場合はどうすればいいの?もう一度洗濯しないとダメ?

しかし、そこまでしても虫がつくこともあるので…。

その場合、どうしたらいいでしょう?

  • 虫が止まったくらいなら、追い払ってそのまま使う
  • カメムシがついた、または卵やフンをつけられたもの(目視で分かるもの)はもう一度洗濯する。

というのが大方の意見でした。

カメムシの匂いがついたものは

  • ぬるま湯に柑橘系の中性洗剤を入れる
  • 匂いの付いた衣服を半日ほどつけ置きする
  • 洗濯機で洗濯洗剤を入れて洗う

で、落ちるそうです。

もし落ちなかったら、何回も繰り返してください。

まとめ

いかがでしたか?

柔軟剤ですが、虫の出るような暑い時期のミント系の香料は、汗のにおいも防いでくれるし、

自分で嗅いでもさっぱりした気分になるのでおススメです!

メーカーから、初夏の時期に数量限定で販売されることがあるので、ぜひ使ってみてください。

虫除けにも効果がありそうだし、一石二鳥です。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする