カーテンの上手な洗濯方法とは?干し方はこうすればすごく簡単!

スポンサードリンク

カーテンって皆さんどうやって洗っていますか?

洗濯したら、しわが出来てしまった、

ちゃんと汚れが落ちていない、

などカーテンの洗濯を失敗してしまう方も

少なくないそうです。

間違った洗濯方法を続けると

カーテンは確実にダメになってしまいます。

カーテンを長持ちさせるためにも、

カーテンの正しい洗濯方法と干し方を確認しておきましょう。

今回はカーテンの洗濯方法と干し方についてご紹介します。

カーテンの上手な洗濯方法とは?

まずカーテンレールからカーテンを外します。

そしてカーテンとレールをつないでいるフックも取り外します。

フックをつけたまま洗濯すると

カーテンも洗濯槽も傷つけてしまう恐れがありますので、

取り忘れがないようにしましょう。

しわにならないように洗濯するためには

きれいに折りたたんで洗濯機に入れることがポイントです。

くしゃくしゃにして入れてしまうと

シワになってしまいますし、

洗剤も全体に行き渡らず、

汚れの落ち方にムラが出来てしまいますので

お気をつけください。

きれいに折りたたんだ状態をキープするためにも

洗濯ネットに入れてから洗濯するようにしてください。

特にひどい汚れがある場合には、

汚れていえる面を表にしてネットに

入れるのがおすすめです。

カーテンを洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。

洗濯機を使用する場合は手洗いコースやドライコースを使用し、

水流も弱めで洗うようにしてください。

脱水に時間をかけすぎてもしわになりやすいので気をつけてください。

ひどい汚れの場合や久々に洗濯する場合は

洗う前につけ置きしてから洗う、

または2度洗いすることで

しっかり汚れを落とすことが出来ます。

カーテンにカビが酷い場合は

事前にカビを除去しておくことをおすすめします。

カーテンのカビを落とすにはカビキラーが有効です。

カビキラーをカビの部分に噴きかけます。

その上に乾いたタオルをのせます。

柔らかい歯ブラシに洗濯用洗剤を少量つけ、

カビの部分の裏側から優しくこすり、

タオルにカビを映していきます。

その後洗剤をしっかり洗い流します。

普段洗濯しているようでしたら

スポンサードリンク

このまま干しても良いですが、

洗濯していない方はこの後洗濯機で洗濯してください。

乾いてもカビが残っているようでしたら、

歯ブラシなどで、軽くこするとカビを

しっかり取り除くことが出来ます。

カーテンには種類によって水洗いできないものや

洗濯機の使用が出来ないもの、

洗剤の使用に指定があるものがあります。

事前に洗濯絵表示をチェックしておきましょう。

どの洗剤を使って良いか迷ったら生地への

負担が少ないおしゃれ着洗い用の洗剤のご使用をおすすめします。

カーテンの干し方はこうしよう!

カーテンがしわにならないためにも、

脱水が終わったらすぐに干すようにしましょう。

1番簡単にカーテンを干す方法は

カーテンをいつも吊るしているように

カーテンレールにつけて干すという方法です。

大きめのカーテンでもしっかり干すことが出来ますし、

カーテンの重みによって自然にしわが伸びます。

フックをつけカーテンレールとつないだら、

通常の洗濯を干すように軽くたたいて

しわを伸ばすように干しましょう。

カーテンを干すうえでの注意点は、

干す前に窓際をしっかり掃除しておきことです。

カーテンレール、網戸、窓ガラス、窓のさんなど。

せっかくカーテンをきれいにしたのに

干すことで他の部分の汚れがすぐに

カーテンについてしまっては意味がないですよね。

そのためにも事前にカーテン周りをしっかり掃除しておきましょう。

部屋にカーテンを干すと部屋が湿っぽくなってしまうことも

懸念されます。

そのため、部屋の換気をしっかりしたり、

除湿器を使うなどをして部屋の湿度を

なるべく取り除くようにしましょう。

また早く乾かせるためにも扇風機や

サーキュレーターを使って風を送るのも良い方法でしょう。

まとめ

このようにカーテンの洗濯は

とっても簡単に出来ちゃうんです。

取り外しは面倒かもしれませんが、

カーテンを長持ちさせるためにも、

身体のためにもカーテンはきれいであるのが1番です。

普段全然洗濯をしていなかったという方でも、

今回ご紹介した洗濯方法や干し方、ぜひ実践してみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする