自転車の空気ってどこまでの硬さまで入れたらいいの?入れる頻度は?

スポンサードリンク

毎日、ママチャリを使っています。

住んでいる土地柄、坂が多いので電動自転車がかかせません。

ぐずる子供を叱りながら出かけるより、自転車に乗せてご機嫌でお出かけ(^^♪

のほうが、お互い楽ですからね。

ママチャリは私の愛車です♪

しかし…。メンテナンスについては、まったくと言い程、無知です(-_-;)

空気入れも、空気を入れすぎて破裂したらどうしよう?

としょうもないことばかり気になって、何もしていなかったら、

とうとうタイヤがペッタンコに…。

なにか、良い目安がないか、調べてみました!

自転車の空気ってどこまでの硬さまで入れたらいいの?

空気を入れる目安は

  • 指で押して少しへこむくらい
  • 軟式テニスボールくらいの硬さ
  • 乗った時に接地面が10㎝くらいか

というのが目安です。

押してへこまないくらいにカチコチなのは、入れすぎです。

パンクや、破裂の原因になるんですって。

タイヤに、どのくらい空気が入るかの表記があり、

空気圧と照らし合わせて入れることも出来ますが、タイヤにかかれているのは、

あくまでも空気の上限です。

その表示まで入れてください。という事ではないんですって。

しかも、ママチャリに使われている英国式バルブは、正確に測れないという事で…。

乗る人の体重などによっても、乗り心地に違いが出るので

「このタイヤにはこれだけ入れるのが正解!」というものはないんです。

目安の感覚を大事にして、後は、こまめにチェックしていくことが大事です。

自転車の空気を入れる頻度はどのぐらい?

・ママチャリなどのシティサイクルの自転車は月1回の空気入れを

・ロードバイクなどのスポーツサイクルの自転車は、2~3週間に1回の割合で

とのこと。

ただ、

「月1回、空気を適正に入れて終わり」

よりも

「毎日タイヤにふれて空気の具合をチェックし、1週間に1回は適正な空気を入れる。」

の方が自転車には良いそうです。

まるで子育て((* ´艸`)クスクス

こまめに愛情をもって、見てあげる方が良いんですね。

空気入れ以外にもメンテナンスは必要?

自転車のメンテナンスには他にも

<タイヤ確認>

タイヤに異常(ヒビ、割れ、溝がすり減っている、パンクなど)がないか確認しましょう。

スポンサードリンク

今のタイヤは良く出来ていて、ちょっとのパンクならすぐ空気がなくなることがないため、

パンクしたのに気づかない…。という事もあります。

タイヤに異常があったら、すぐ自転車屋さんに行きましょう。

<注油>

前後のブレーキレバー、チェーン本体、ワイヤーリード、フロント、

変速機などに週に一回は油をさしてください。

たくさん注油するとゴミがつきますので、ほどほどに。

さび落としをした箇所にもすぐ油をさしてください。

本体が雨などで濡れた場合は、良く乾かしてから注油してください。

<清掃>

塗装部に乾いた布かブラシなどでほこりを落としてから、

出来ればワックスがけをして下さい。

塗装部へのシンナーなどの使用は、はがれますからやめてくださいね。

<ブレーキの利き、ライトがつくか確認>

こまめにチェックしてください。命にかかわります(´;ω;`)ウッ…

などなど。

空気入れとオイルは、用意してこまめにチェック&メンテしておいた方が無難ですね。

自分でメンテナンスをしていても、年に一回は自転車屋さんに行って、

定期点検をしてもらいましょう。

自転車を買ったお店で見てもらうと良いですよ。

大手のお店で500~1000円くらいかかるらしいですが、

自転車本体を買ったり、なにか修理を依頼してお付き合いができたお店なら、

何も異常がなければタダでみてくれるところもあります。

(修理箇所があれば、材料費+工賃がかかる仕組みです。)

逆に、個人で経営されている自転車屋さんは、定期点検はお得意様のみ、

というところもあります。

お付き合いがないとみてもらえないことも…。

持ち込む前に、事前に電話などで確認しましょう。

パンク修理やブレーキの鳴りなどのトラブルも、自分で直すことも出来ます。

特にパンク修理は、自転車屋さんに持っていくと500~1000円かかりますが、

自分で直す分には材料費100円足らずでできます。

腕に自信のある方は、100均に行ってパンク修理の材料を

買っておくと良いですね。(*`艸´)ウシシシ

まとめ

いかがでしたか?

毎日のようにつかう自転車、機械に弱い私も、メンテナンス頑張ります!

自分と子供をのせる自転車、手をかけておいて損はないですよ。

ご参考になれば幸いです^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする