日焼けを治すのに最善な方法とは?治すのにどのくらい時間がかかるの?

スポンサードリンク

夏の日差しの強い日差し、一日外にいて太陽の光を浴びていると、

日焼け対策をしていても家に帰ったら鼻のあたまが真っ赤…

なんてこと、ありませんか?

若いころは真っ黒に日焼けしてもあまり気にならなかったと思いますが、

30代になるとなかなか日焼けした肌が元に戻らないので、

女性はもちろん、男性でも日焼けをどうにかしたい!って思いますよね。

そこで今回は、男性で日焼けを治したい人のために、

治すためのおススメの方法やどのくらいで治るのか、

などをまとめてみました!

日焼けを治すのにどんな方法があるの?ベストな方法とは?

日焼けを早く治すためには、外側のケアと内側からのケアの両方が必要です。

まず、外側からのケアは、

冷やす

ここでのポイントは冷水ではなくややぬるめの温度の水で冷やすこと。

冷水は血行を悪くし皮膚の再生を妨げることになってしまうそうです。

そして、痛みや赤みがある程度おさまってきてからは

保冷剤をタオルでくるみ、なるべく冷やし続けることが大切です。

保湿

冷やした後は保湿ですが、低刺激の化粧水で保湿します。

この時、パラベンやアルコール成分の入っているものは

刺激になりやすいので注意してくださいね。

日焼けした直後であれば、ベタつきが気にはなりますが、ワセリンがおススメです。

男性であれば、冷やしたあと保湿を続けるだけで良いと思いますが、

どうしても気になるのであれば美白成分やビタミンCの入った

化粧水などを使うのも良いと思います。

内側からのケアとしては、

水分をとる

人の身体の約60%は水分でできています。

日焼けをすることで身体の中の水分が失われるので、

普段より多めの水分補給が必要です。

ビタミンをとる

日焼け後に効果のあるビタミンは、ビタミンCが有名ですが、

その他にビタミンA、ビタミンEも効果的です。

スポンサードリンク

食べ物でビタミンを効果的に摂取するのも大変ですので、

サプリメントなどを活用するとよいと思います。

睡眠をしっかりとる

日焼けをすると体力を消耗していることが多いので、

睡眠をしっかり取ることで成長ホルモンが分泌されて

ターンオーバー(表皮の新陳代謝)の活性化につながります。

アルコール・カフェインを控える

アルコールは血管を広げ、血流がよくなるので日焼けしやすい

飲み物なのだそうです。

夏の暑い日に飲むビールは格別なものですが、我慢ですね…。

また、コーヒーなどカフェインがはいった飲み物を

就寝前に摂取すると睡眠の質を下げてしまうことになるので、

就寝前のカフェインは控えましょう。

日焼けを早く治す方法には色々ありますが、

「冷やして保湿する」そして保湿を続けること

食生活に気を付け規則正しい生活をすること

この2つが大事だと思います。

そして日焼けを繰り返さないようにすることが大切です。

日焼けを治すのってどのぐらい期間がかかるの?

日焼けした肌っていったいどのくらいの期間で元に戻るのでしょうか。

一般的には28日の周期で肌の生まれ変わりであるターンオーバーがあり、

元の肌の色に戻って定着するまでは45日間と言われていますが、

これは部位によっても異なりますし、20代の若い世代までの話です。

しかも、一度日焼けしたあとは全く日焼けせずに過ごせた場合の日数です。

年齢があがればそれだけターンオーバーのサイクルは遅れて

肌の色は沈着してしまいますし、生活をしていて全く日に当たらず

過ごすなんて無理な話です。

ですので、日焼けが落ち着くのには3~4か月ほどはみたほうがよさそうです。

しかし、これもあくまできちんとケアをすることが

前提での期間ですので、ケアは怠らないようにしましょうね!

まとめ

10代・20代の頃にはまったく気にならなかった日焼けも、

年を重ねると本当に気になりますよね。

若いころの日焼けが原因のシミやそばかす…

女性だけでなく男性も気になると思います。

今からでも遅くはありません。

ここでご紹介した方法を是非、試してみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする