ザリガニを飼うのに水道水をそのまま使っても平気なの?

スポンサードリンク

息子がお友達のお家に遊びに行った帰りに、ザリガニを持って帰りました…。

聞いたら、お家にあったのを分けてもらってきたとの事。

慌てて物置から水槽を出してきましたが、水はどうすれば良いの?

調べてみました!

ザリガニを飼うのに水道水をそのまま使っても平気なの?カルキ抜きとは必要ないの?

ザリガニに合う水質は、中性~弱アルカリ性が最適だそうです。

もともと棲んでいた水と同じものが理想ですが、それだと臭いなども気になるので…。

水道水は中性ですので、そのまま飼っても問題ありません。

きれいな水で飼うと泥も抜けますので、一石二鳥です。

アメリカザリガニ(野生のザリガニはほぼコレです)は強いので、

カルキを抜かなくても水道水で飼えます。

しかも水道は中性ですが、水道水からカルキを抜くと、ちょっと弱酸性にかたむきます。

ザリガニには逆に、体に酷な環境になります。

ただ、カルキがないに越したことはないので、できればカルキ抜きをしましょう。

バケツに水を汲んで一昼夜置けば、カルキ抜きになります。

問題はカルキよりも、水替えです。

いきなり全量取り替えるのではなく、多くても半量ずつにしましょう。

そして、新しい水を古い水を混ぜながら替えるのがコツです。

ザリガニは水温と水質がいきなり変わってしまうと、それだけで体調を崩します。

特に、良い水(アルカリ性)→カルキ抜き水道水(弱酸性)にしてしまったり、

常温の水槽にいきなり水道水を入れ替えて水温を下げると、元気がなくなります。

ザリガニって家で飼うとどのぐらい生きるの?長生きさせる方法とは?

野生のザリガニの寿命は5年くらい。長生きをしてもせいぜい8年です。

一方、家で良い環境で育てれば、長生きさせてあげられるのでは?

と思われるかもしれませんが、

「飼育では寿命は3年が限度」と言われています。

大事にしても、5年経ったらすごいと言われます。

どうやって長生きさせればいいのか、調べてみました。

スポンサードリンク

子供のザリガニを捕まえる

長く飼育するためにはまず、捕まえるときからが重要です。

長さ6cmくらいでしたら、大人の2歳のザリガニです。

それ以下の小さいものでしたら、子供の1年前後のものです。

大人は飼う前にすでに2年経っていますので、飼育できるのは1年くらい。

子供でしたら2年くらい、という事になります。

捕るときにどうしても大きいのを選びがちですが、

飼うことを考えたら小さい方が長生きしてくれます。

共食いさせない

ザリガニは共食いをします。

大きいのと小さいのを入れると、必ず食われます。

同じ大きさのものを入れましょう。

そして、エサを切らさないようにしましょう。

ケンカをするようなら、相手から隠れられる場所を作ってあげることも大事です。

栄養状態を良くする

長生きをさせたければ、市販のザリガニのエサを与えましょう。

栄養のバランスが良いので、良く食べ、身体も丈夫になります。

ザリガニは基本何でも食べますが、偏ると弱くなるんです。

落ち葉なども食べるので、水槽に少し入れてあげるのも良いでしょう。

越冬に気を付ける

ザリガニは冬眠をしますが、冬眠の環境が悪いと、寝たまま死んでしまいます。

ザリガニは15℃になると冬眠の準備をし、寝てしまいます。

冬眠前の夏~秋に生きたエサなど、良いものを食べておかないと、

身体の栄養が足らず、死んでしまいます。

また、次に温度が上がると、また目を覚ましてしまいます。

冬眠には体力を使うので、そんなことを繰り返していると、また死にます…。

冬眠させるには

  • 温度の上がり下がり
  • 冬眠できる自然に近い環境

に心を配るのも大事ですが、とても難しいです…。

一番いい方法は、冬眠させないことです。

水槽にヒーターをつけ、常に温度を15~28℃にして温めておけば、冬眠しません。

その分体の消耗がなく、長生きさせることができます。

いかがでしたか?

ちなみに、在来種の二ホンザリガニ(ペットショップなどで売っています。)

は、もう少し繊細なので、水道水を使う場合は絶対カルキは抜くか、

中和剤を使ってください。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする