鏡開きの掛け声ってどうする?失敗しないための意外な人選のポイントとは?

スポンサードリンク

一般的に「よいしょ」です。

「よいしょ」という言葉が果たして女性からして、

いい掛け声に聞こえるかどうかは疑問ですが。

というよりも、お祝いの席で、

自分が飲みたいから来ていると

露骨に示されればいい感じはしません。

お祝いされているのは主席の方々です。

そして、ここでは祝賀ムードを

利用してくる方々の為にもご説明しましょう。

鏡開きでの一般的な掛け声と進行方法とは!?

鏡開きでの一般的な掛け声は、「よいしょ~」でしょう。

そして、その進行方法として、

一回で蓋が開かないケースでは、

「よいしょ」を何回か続けなくてはなりません。

それか、開く当人たちが三回目で力を込めるという、

建前を解っていない場合、

片方が先に割ってしまうということがあります。

なので、最初のよいしょを軽く触るように触れる

という前の打ち合わせが必要です。

ですが、ちょっと年配の方々は前振りのそのはなしも

忘れている可能性が大です。

そして、三回目でちょうど割らなくてはならないという、

事前の力関係のそして、力の入れ加減もよくわかっていなことが原因です。

そして、その木の蓋の丈夫さもイメージできないくらい、

工具類にも詳しくない木槌の使い方です。

なので、ちょっと若めの年配の方に木槌を

振ってもらいましょう。

そして、割り切れなかった不用意な会場の拍手に

わざと目線をそらすことのないように、

お祝いなので、大きな掛け声と、

三回目の大きな振り方に練習をしていただきましょう。

鏡開きの意味と由来とその歴史とは!?

スポンサードリンク

鏡開きという言葉には、祝賀を祝うという意味合いで、

前途が開けるという意味が込められます。

その昔に瓶類のなかった時代、お酒の封をしていたのは、

やはり大きめの木樽でしたでしょうから、

その大きな木樽を開ければ、

みなに分配されるという風習が起因していると思われます。

その木槌の叩き方と音の出具合も、

やはり戦勝であったり、

今のビールの缶を開けるときの

プシュッという音の出具合と同じ意味です。

その後の、振り分け方はやはり量り売りだったり、

皆の前で木槌で叩いて開くのであれば、

やはりお祝いの時だけにふるまってる方から無料

という言葉が伝わったのでしょう。

それは、ぜひ飲んでくださいと言う、

ふるまう意味ですので、

ふるまってもらわなくちゃという意識が

果たされれば、宴会は成功です。

まとめ

ふるまえばふるまうほど豊かになるというのは、

けちくさい世の中には、あえて新風です。

来場したひとたちはよろこんで帰って、

あえて取引先の増える話なのです。

その上で、金額をはたいても主催者側は、

ギブアンドテイクのギブの方から進んですべきですね。

ギブミーと来場者から先に言わせるのではなく、

ギブユーから始めたいものです。

その後の取引関係も良好になるはずです。

打算的かもしれませんが、ふるまうことのおごりに、

乾杯です。

人たちが喜ぶのはうまいことと、うまい酒ぐらいなので、

ちょうどよい風趣ではないでしょうか。

それでも、あまりに、お酒目的で集まる低劣な会衆には、

腹を立てるのはそっと抑えて、後で回収させてくださいよ、

ぐらいの要求は出しておきましょう。

そして、繰り返しますが、

鏡開きの鏡を開けない人はあえて、

木槌を控えさせていただきましょう

そこは祝いの席なので、所作に問題のない人を選びましょう。

ちょうど中年くらいで、力量のある、

蓋を開けるくらいの人にお願いして、

木の蓋の厚みと、どこをたたけばよいのかを

すぐ感でわかる人であり、木槌の力加減の分かる、

音の良く出る人を選びましょう。

残念なことにならないように

掛け声の事前打ち合わせも、

れっきとした桜の方に依頼しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする