賃貸の家の引越しの時、鍵って交換する?交換しない?

スポンサードリンク

賃貸の家の引越しの時の鍵交換ってした方がいいのでしょうか?

あなたは今まで鍵の交換ってしたことありますか?

鍵の交換には費用もかかります。

鍵の交換しない選択もあるのでしょうか?

少し調べてみました。

賃貸の引越しの時の鍵交換、交換の必要性ってあるの?

あなたは引越しをしたとき、

前の住人の人のことが気になったりしませんか?

部屋はきれいに清掃された状態だとは思いますが、

もし鍵がそのままだったら

としたらあなたはどうしますか?

賃貸の鍵の交換必要性はどうなんでしょうか?

鍵の交換のことは、入居のときなどに不動産会社などへ

必ず訪ねておくことは大切です。

部屋を探していると大家さんによっては、

今日でもアパートなどで鍵の交換があいまいなところもあるようです。

なぜでしょうか?

●昔からの下宿のイメージ

下宿というと、共同炊事場、共同トイレなどがあり

個室といえど、鍵の認識は薄く、

出入りも多かったということもあります。

今ほど鍵に対しての深く考えていなかったというところでしょうか?

ですが時代は21世紀です。

時代の流れは激しく、防犯、セキュリティに対しては、

万全の体制が望む人が多いのは当然でしょう。

実際には下記のような事件も起きています。

・不動産会社の社員がアパートの1室に侵入し、盗聴装置をつけていた。

・以前の住人が、合鍵を持ったままで部屋に入り、盗難をした。

・不動産会社の委託先のアルバイト社員が、部屋に侵入し貴金属を盗難した。

など想定外の事件につながる場合もあるのが現実です。

自分の身を守るためには、鍵はまず作り替えておくことは

一番の防犯となり、賢明な選択です。

現在ではほとんどの不動産会社などでは、

鍵の交換は設備の一つとしており、

事前に交換するところが多いようです。

スポンサードリンク

ですがその場合にしても、交換した鍵の一部をあなたがもらう形となり、

スペアーキーなどは不動産会社と大家さんが持っていることになります。

理由として、

万一、お客様側の不注意で鍵を紛失したりすることも

想定しているためということです。

そういった際ケースに備えて、入居探しのときには鍵について

あなたとしては下記の3点の事をしっかりと確認しておくことが大切です。

(1点目)

鍵交換をしたいのだが、できるのかどうか。

(2点目)

鍵交換をする場合の費用はどちらが持つのか。

(3点目)

鍵交換をした場合は、出る時には元に戻しておく必要があるのか。

鍵の種類によっては、簡単にスペアーキーが作れてしまうものもあるため、

交換の際にはしっかりと確認をしておきましょう。

安心安全のためには、

引越しのときの鍵の交換はしておくことが望ましいでしょう。

特に女性の場合は必要なことですね。

引越しの鍵交換費用っていくらかかる?

●鍵交換の費用

通常の鍵  15,000円程度

オートロック装備 20,000円から35,000円

●鍵の交換方法

【自分で行う場合】

・ホームセンターなどで鍵のシリンダーが売っています。

かぎのメーカー、型番、など確認の上、購入できます。

鍵の交換は、ドライバーを使って女性でも簡単に取り換えることはできます。

・ピッキング対策として、できるだけ内側がギザキザのタイプにするといいでしょう。

【業者に依頼する場合】

鍵の業者にもいろいろある為どこ頼んだらいいのか少し心配ですね。

そんな時は、不動産会社を通して依頼していく方法もあります。

不動産会社の紹介なので安心できます。

まとめ

鍵の交換については、トラブルにならない為にも

勝手に鍵を交換することのないよう必ず相談をしておきましょう。

場合によっては大家さんの立ち合いが必要となる場合もあります。

防犯上の点に対しての理解をしっかりと持ってもらえるよう

説得をしていくことです。

出ていく時には、かならず元の鍵に戻しておくことが条件となるでしょう。

あなたが入居に際しての鍵についての知識を持っておくことで、

引越し先でも安心です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする