小学生が電車で通学する時に気をつけたいマナーと安全対策とは?

スポンサードリンク

学校に通学するのに電車を使わなくては行けない…そんなお子さんもいますよね。

電車は沢山の人が利用するため、乗る際のマナーを知っておく必要があります。

また1人で電車に乗る場合は安全対策も考えておくべきでしょう。

今回は小学生が電車で通学するときに気をつけたいマナーと

やっておくべき安全対策についてご紹介します。

小学生が電車で通学する時に気をつけておくべきマナーはどういうことがあるの?

電車に乗るときに守らなくてはいけないルールやマナーはいくつかあります。

大声で話さない

1人で通学しているとこういったことはないかもしれませんが、

何人かで一緒に通学していると楽しくて大声で話してしまうこともありますよね。

特に電車内は電車の走る音がうるさいため、話をしようとすると大声になりがちです。

しかし実際話している人からすると大声で離している自覚がないということもあります。

周りの人からすると声が大きいと感じているのに離している側は自覚がない。

これは他の人にかなり迷惑をかけてしまうことでしょう。

話すこと自体を最低限にし、話すときは相手の近くに行って大声で

話さないように気をつけるようにしましょう。

また携帯電話も電車にでは厳禁です。

どこで使って良いのかダメなのかはちゃんと核にいしておきましょう。

出入り口付近には座らない

混雑していると座席に座れない場合もあります。

そういった場合地面に直接座ってしまう子供もいるそうです。

特に出入り口付近は出入りする人が行き来するため、

そこに座り込んでしまうとかなりの邪魔になってしまいます。

なぜ座ってはいけないのかなど理由もちゃんと教えてあげるようにしましょう。

優先席の意味を教えておく

優先席は空いていれば座ることは問題はありません。

しかしやはり意味があって設置されている場所です。

優先席の見解は人それぞれですが、どういう意味のある場所なのかは

きちんと知っておくべきでしょう。

スポンサードリンク

乗り降りするときは必ず順番を守る

我先に行こうとすると人とぶつかってしまいとても危険です。

人に対しても迷惑ですが、自分に対してもとても危険なこととなります。

子供は体が小さく隙間から進むことができ、列を無視して進むことも

可能かもしれませんが、押しつぶされる可能性もあるため必ずしないようにしましょう。

電車内は色々なひとが使う共通空間です。

自分のことだけを考えて行動することはせず、

周りのことを考えて行動するように教えてあげましょう。

小学生が電車で通学する時の安全対策ってどういうことに気をつけたらいいの?

子供を1人で電車に乗せるということには不安がありますよね。

その不安を払拭させるためにも安全対策はしっかり考えておきましょう。

まず基本的なこととして名前や住所など個人情報がわかるものは

かばんの外など保管人が見てわかるところにはつけない。

自分の名前を知っている人が近づいてきたらお子さんは

安心して色々話したり、ついていってしまうこともあるでしょう。

そういったことがないように名前などはわからないところに記入しておいてください。

もし困ったことがあって人に助けてもらわなくてはいけなくなった場合は

駅員さんを頼ること、最低限の個人情報しか人には伝えないことを教えておくべきでしょう。

まとめ

最近ではそういった電車で通学する子が多い学校では学校自体が

安全対策を行っている学校もあります。

GPS機能を活用し、学校を出た時間、改札を通った時間がわかるなどの

サービスを取り入れている学校もあるので、ぜひそういったサービスは受けるようにしましょう。

まず学校が始まる前に何度か一緒に電車に乗り、

その時にマナーの確認をしながら色々なことを教えてあげると良いでしょう。

その際危険な場所がないかもチェックし、近づかないようにしっかり教えてあげてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする