高速バスで子供を膝の上に乗せれば料金はかからないの?安全性は?

スポンサードリンク

出かける費用も抑えられ、ゆっくり座っていることも出来る高速バス。

普通のバスと違って座席を予約して利用するのですが、

もし子供を膝の上に乗せていればその分の子供の料金って

かからないのでしょうか?

今回は高速バスの子供の料金について調べてみました。

高速バスに乗る時、子供を膝の上に乗せれば料金はかからないの?シートベルトはどうすればいいの?

高速バスの料金区分は中学生以上は大人運賃、小学生以下は子供運賃となります。

基本的には子供運賃は大人運賃の半額とされています。

通常のバスの場合は6歳以上からバスの料金がかかるようになるそうです。

そのため通常のバスであれば6歳の子供を膝の上に乗せたとしても料金は必要となります。

そもそも高速バスは何歳から乗車可能になるのでしょうか?

調べた結果、ほとんどの高速バスの会社で赤ちゃん(幼稚園以下の子供)の乗車も

可能とされているそうです。

しかし夜泣きで他のお客さんに迷惑がかかる可能性がある

という点などから夜行バスでは赤ちゃんの乗車は断られることもあるそうです。

通常、子供を車に乗せるには6歳未満であればチャイルドシートの着用が

義務付けられています。

しかし高速バスなどの場合は道路交通法でも

チャイルドシートの使用は除外されています。

そのため子供だけで座席に座らせるのは心配な場合もありますよね。

そういった場合膝に乗せるなら子供の料金はどうなるのでしょうか?

高速バスは通常のバスと料金の発生の仕組みが違っています。

高速バスは座席を確保することで料金がかかります。

つまり子供を膝の上に乗せる場合、子供の料金は不要になるのです。

では膝の上に子供を乗せている時、シートベルトはどうすれば良いのでしょうか?

道路交通法が改正され、全席でシートベルトの着用が義務付けられました。

それ以前であればシートベルトをしないという選択肢もあったそうです。

今はそういった選択ができない分シートベルトの着用について迷いますよね。

高速バスなどのベルト腰につけるタイプでサイズに余裕があるため

二人で着用することも不可能ではありません。

スポンサードリンク

しかし、お子さんが動き回ってしまうと腹部を圧迫してしまう可能性もあります。

シートベルトはご自分のみ着用し、お子さんはしっかり抱いておく

という方法しかない知れませんね。

但し、子供を膝の上に置いておく場合どうしても安全性が低くなってしまいます。

前の方がシートを倒されたらスペースにも余裕がなくなり

窮屈な状態にもあります。

そのため、ほとんどの高速バス会社は子供を膝の上に乗せながら

乗車することはおすすめできないとしています。

一人で座らせるのが心配で膝にのせておくこと自体は問題ないそうですが、

いざというときのために、座席は一つ確保しておくことを勧めています。

長時間膝の上で子供がじっとしているのはストレスになるかもしれません。

座席を確保するかしないかは安全面やお子さんの状態を

しっかり考慮したうえでご判断ください。

高速バスで子供を乗せる時のマナーとは?

高速バスを利用するということは遠出をされる方が多く、

長時間バスに乗っていなくてはいけない状況です。

子供を高速バスに乗せることで一番問題になるのが落ち着かず

騒いでしまうという点です。

子供だからしょうがないと思ってくれる方ばかりではありません。

特に長時間騒いでしまうと他の乗客の気分を害してしまうことも。

長時間バスの中にいてもお子さんが退屈しないように

他の方に迷惑にならないおもちゃやお菓子などを持参するようにしましょう。

ただし携帯ゲームなどはお子さんは静かになるかもしれませんが

車酔いの原因にもなるので避けた方が良いでしょう。

高速バスは普通の路線バスと違い急に思い立って

降りるということは簡単にはできません。

そのためお子さんを連れて遠出をする場合はお子さんの状態なども

考慮したうえで高速バスに乗っても大丈夫かはご家族で

しっかり話し合うようにしましょう。

もし長時間のバスは避けた方が良いとなれば、他の方法を考え、

高速バスを利用する場合は他の方に迷惑にならない方法を

事前に考えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする