食洗機で洗ってはダメなものって?もし洗ったらどうなっちゃうの?

スポンサードリンク

面倒な食器洗いを簡単に済ませてくれる食洗機。

性能もどんどん良くなっていて頑固な汚れもしっかり落としてくれるので

とっても便利ですよね。

しかし食洗機で洗ってはいけないものがあるって知っていました?

知らずに洗ってしまうと大切な食器をダメにしてしまうかもしれません。

今回は食洗機で洗ってはいけないものについてご紹介します。

食洗機で洗ってはダメなものってどういうものがあるの?

実は食洗機で洗ってはいけないものって色々あるんです。

・アルミ素材のもの

・強化ガラス製品

・木製のもの(まな板など)

・高級漆器

・絵付けを施した陶器・磁器

・金・銀メッキの食器

・小さいもの、軽いもの

・耐熱性の弱いもの

他にも上記以外でも食洗機の種類によっては洗えないものがある可能性があります。

購入された食洗機の取り扱い説明書をよく読んで使用前に確認するようしましょう。

食洗機で洗ってはいけないものを洗ってしまった場合どういう風になっちゃうの?

アルミ素材のもの

アルミは食洗機で洗ってしまうと黒ずんで光沢がなくなってしまいます。

食洗機はアルカリ性の洗剤を使用することが多いのですが、

アルミ製品にそのアルカリの性質と熱が加わると化学反応を起こし

黒ずんでしまいます。

他にも銀や銅製のものも同じような反応が起きてしまうので避けるようにしましょう。

黒ずみ具合にもよりますが、黒く変色してしまっても酸性の性質を

持ってるもので中和すれば黒ずみがキレイになることもあります。

強化ガラス

強化ガラスは急激な温度上昇にガラス内部の応力が膨張して粉々に破損する恐れがあります。

強化ガラスの製品にはコップだけでなく、鍋などのフタや調理ボウルなどもあります。

強化ガラスのものには必ず強化ガラスというシールが貼られていると思いますので、

食洗機を使用する前に確認するようにしましょう。

強化ガラス製品自体が破損するだけでなく細かいガラスが散らばるため、

食洗機が故障する可能性があります。

絶対にしようしないようにしましょう。

木製のもの

木製の食器やまな板は水を含んだ後に短時間で高温乾燥させてしまうと

ひび割れなどの変形の原因になります。

とくにまな板は包丁によって傷つき細かい傷がいくつもついています。

その隙間に入りこんだ汚れや菌は食洗機では落とすことが出来ません。

週に1回程度漂白し、しっかり乾燥させる方法が1番良いお手入れ方法です。

ひび割れしてしまうと雑菌が繁殖しやすくなってしまうので

その後は使用しない方が良いでしょう。

スポンサードリンク

高級漆器

食洗機の高温洗浄、すすぎ、乾燥によってひび割れなどが起こる可能性があります。

また漆自体も剥がれてしまう恐れもあります。

最近では食洗機可というものも販売されるようになってしまうが

そういったものには必ず表示があるため、確認してから使用するようにしましょう。

漆器は購入した場所や物によってはひび割れなどの修理をしてくれるところもあるそうです。

しかし食洗機が原因だと修理が出来るかははっきりはわかりません。

1度購入したところに相談するようにしてください。

絵付けを施した陶器・磁器

陶器や時期は表面の外側に釉薬を塗っていないものだと、

食洗機で洗うことで絵付けされたものが剥がれてしまったり

変色してしまうことがあります。

また表面の釉薬の層に細かなひび割れがある陶器や時期は

洗浄する際に強い力が加わり、ひび割れの隙間から水が市民こんでしまう

場合があります。

そうなると汚れや菌が繁殖してしまったり、破損の原因にもなってしまいます。

食洗機対応のものもありますが、大切なものでしたら、

念のために食洗機を使うことを避けるようにしましょう。

金・銀メッキ

金メッキや銀メッキも食洗機を使うことでメッキは剥がれてしまう可能性があります。

アルミ製品同様メッキもアルカリ性の洗剤と反応して変色してしまいます。

メッキは修理が出来るものもあるので、あまりひどい剥がれや変色でなければ

専門業者に相談してみるのも良いでしょう。

小さいもの、軽いもの

プラスチックのスプーンやふたなどは洗浄の際の噴射で飛ばされ、

庫内のヒーターに接触してしまい、出火の原因になる場合もあります。

そのままで洗うのは大変危険です。

小さいものや軽いものを洗う際は食洗機内で使える専用の籠があるので、

その中に入れて洗うようにしてください。

耐熱性の弱いもの

耐熱温度表示がご使用の食洗機の熱に耐えられるか確認してから使用するようにしましょう。

取り扱い説明書に記載されていると思いますので、ご確認ください。

もし知らずに使ってしまうと変形や変色してしまいます。

ものによってはその後使えなくなってしまう場合もありますのでご注意ください。

まとめ

洗えないものも食洗機を使って洗ってしまうと、食器もその後使えなくなりますし、

食洗機も壊れてしまう場合もあります。

食洗機は便利ですが、使い方を間違えると大変なことになります。

食洗機を購入したらまずは 何を洗えるか洗えないかを確認しましょう。

忘れないように目につくところに表などをはっておくなどして

洗ってはいけないものがあることを忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする