ホテルのキャンセル料を払わないとどうなる?理由によってはOKな場合も!?

スポンサードリンク

ホテルの予約をキャンセルする場合、

条件や料金はホテルによって違ってきますが、

キャンセル料というものを支払わなくてはいけなくなります。

しかしインフルエンザなど急病などの場合は

キャンセル料を支払わなくても大丈夫という噂もあるそうです。

その噂って本当なのでしょうか?

また、もしキャンセル料を支払わないでいたら

どうなるのでしょうか?

今回はホテルのキャンセル料について調べてみました。

ホテルのキャンセル料を払わなかったらどこまで追いかけられるの?

キャンセル料が発生する期間は

ホテルによって異なってきますが、

1週間前からキャンセル料がかかってくるようです。

キャンセル料の規定もホテルによって異なりますが、

一般的には以下のような場合が多いようです。

7日~4日前の場合は20%

3日~2日前の場合は50%

前日の場合は80%

当日もしくは連絡なしのキャンセルの場合は100%

をキャンセル料として支払わなくてはいけないそうです。

なぜキャンセル料がかかってしまうかというと、

予約を取るということはその日の部屋を

確保するということですし、食材の仕入れや

人員の確保も必要となってくるため、

ホテルとしてはさまざまな費用を必要とするわけです。

予約の数日前にキャンセルすれば

他のお客様からの予約が入る可能性もありますが、

キャンセルが予約日に近いほど、

他のお客様が入る可能性も少なくなってしまうのです。

そうなれば仕入れた食材は無駄になってしまいますし、

ホテル側にとっては大きな損害になってしまうのです。

その損害を軽減するためにもホテルの規定に沿って

キャンセル料を支払う義務が生じるのです。

キャンセル料の支払い方法ですが、

ホテルの代金をクレジットカードや振込みによって

事前に支払っている場合は、

その金額からキャンセル料が引かれて

スポンサードリンク

手元に戻ります。

当日に現金などで支払う予定だった場合は

基本的に予約時に伝えた住所やメールなどに

キャンセル料の支払い方法についてが送られてきます。

ただ、このあたりはキャンセル規定に該当する場合でも

ホテル側の好意でキャンセル費用を請求しない

という場合もあるようです。

また、支払い方法などを送られてきても

放っておけば支払わなくても済む、

と思っている方も少なくないようですが、

キャンセル料を支払わないとホテル側から

訴えられる可能性もあるのです。

もし訴えられ裁判ということになれば

ホテル側はキャンセル料に関して

提示しているところがほとんどなので、

ホテル側が確実に有利となります。

裁判で負けてしまえば

キャンセル料以上の金額を支払わなくてはいけなくなります。

ホテルを予約した時点で、キャンセルする場合は

キャンセル料を支払う義務を背負うということを

しっかり覚えておきましょう。

放っておけばいいことはありません!!

ホテルのキャンセル理由がインフルエンザだとキャンセル料取られないって本当?理由によって違うの?

インフルエンザなど急に体調を崩して

予約していたホテルにいけなくなったということもありますよね。

急な体調不良の場合のキャンセル料の有無は

ホテルによって違うようです。

キャンセル料を支払わなくても済んだという方もいれば、

規定どおりのキャンセル料を支払ったという方もいるようです。

また支払わなかった場合でも診断書を

FAXなどで送らなくてはいけなかった

という方もいらっしゃいました。

ウイルスが蔓延しやすい冬場やお子さんがいるご家庭などは

もし急に体調を崩してしまったら…ということを

ホテルに確認しておいたほうが良いかも知れませんね。

また地震や台風などの災害によってのキャンセル、

急な不幸があってのキャンセルによっての

キャンセルの場合はキャンセル料の支払いが

免除されたということもあるそうです。

どうしてもキャンセルしなくてはいけない場合は、

どうしてキャンセルしなくてはいけないかをしっかり伝え、

ホテル側の回答を待つようにしましょう。

まとめ

行かなかったり、利用しなかった場合、

本音はキャンセル料を支払いたくないと思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし予約を取った時点でホテル代を支払う

という契約を結んでいるのです。

キャンセルすることは悪いということではありませんが、

契約を交わした以上、ホテル側の了承を得られない限り

キャンセル料は支払わざるを得ないと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする