妊婦がお風呂掃除でカビキラーは使わない方がいい?使う時の注意点は?

スポンサードリンク

頑固で掃除が大変なお風呂場のカビ。

お風呂のカビを掃除するとなるとカビキラーを使う方も多いのではないでしょうか?

でもカビキラーって妊婦が使っても大丈夫なのでしょうか?

カビキラーって安全なものとは言い切れないイメージがあるので妊婦が使うと

胎児への影響もありそうな気が…

今回は妊婦がお風呂掃除でカビキラーを使っても大丈夫なのかを調べてみました。

妊婦がお風呂掃除でカビキラーは使わない方がいいの?胎児への影響はあるの?

妊娠をしていると様々な使用について大丈夫なのか心配になるものです。

カビキラーはにおいもきついですし、使用する上で胎児に影響がないか

心配する人は少なくないようです。

結論からお伝えすると妊婦でもカビキラーを使ってお風呂掃除することは

何の問題もありません。

しかし妊娠中はにおいに普段より敏感になったり、体調も変化しやすかったりと

デリケートな時期でもあります。

中には使用後気持ち悪くなったり、一時的に体調が悪くなったという方も出ているそうです。

そのため、使用する際は必ず使用上の注意などをよく読み、体調にも気を遣いながら

使用するようにしましょう。

またカビが気になるということはあると思いますが、出来れば頻繁にカビキラーを使うのは

避けるようにしましょう。

カビキラーは次亜化水素ナトリウムを水で薄めた塩素系漂白剤というものです。

塩素系漂白剤は汚れを分解して殺菌する効果が高い反面、様々な注意が必要です。

妊娠中はデリケートな時期なので、なるべくは少ない回数での使用で済ませることがおすすめです。

そのためにも普段からカビ対策をしておくと良いでしょう。

カビ対策としておススメなのが“セスキ炭酸ソーダ”です。

万能クリーナーと呼ばれる重曹よりも水に溶けやすく、手荒れなどの心配もないため

安心して使用が出来ます。

水500mlに対しセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯入れてよく混ぜます。

スポンサードリンク

あとはカビが出来そうなところにふきかけておくだけです。

セスキ炭酸ソーダにはカビを除去する効果はありませんが、予防効果は期待できるので、

カビキラーの使用頻度を少なくするためにもぜひ使用してみてください。

お風呂掃除でカビキラーを使う時の注意点は?

カビキラーのパッケージに他の字より大きな字で書いてあるのが“混ぜるな危険”

という文字です。

カビキラーは酸性の洗剤や食酢、アルコール、アンモニアなどの成分を混ぜると

有毒なガスが発生します。

絶対に混ぜあわせないようにしてください。

またカビキラーを使用した後にしっかり洗い流さず、他の洗剤と混ざってしまう

ということもあります。

カビキラーを使用した後はしっかり水で洗い流しましょう。

カビキラーを使用する際、換気はとても大切です。

出来れば窓だけでなく、ドアも開けっ放しにし、風が通る道を作ってあげましょう。

換気扇を併用することもおすすめです。

密閉されたお風呂場でカビキラーを使用すると、においなどがこもってしまい、

気持ち悪くなってしまう可能性がありますので注意してください。

また口や目に入ったり、皮膚に付着するのは妊婦でなくても危険です。

マスクやゴーグル、ゴム手袋などをし、対策をするようにしましょう。

専用の容器から他の容器へと移し替えることも危険なのでしないでください。

通常の使い方を守っていれば、例え妊婦でもカビキラーを使用することは問題ありません。

ただし、体調がデリケートな時期なので、必ずしも大丈夫とはとは言い切れません。

もしカビキラー使ってお風呂掃除をしている最中に体調が悪くなってしまったら、

すぐにその場を離れて休むようにしましょう。

つわりの時期など体調にもともと不安があれば旦那さんに頼むなどして

お風呂掃除自体を避けることをおススメします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする