赤ちゃんをプールに連れて行く時の服装はどういうのがいいの?

スポンサードリンク

初めて赤ちゃんを連れてプールに。涼ませてあげられるし、

広い場所で遊ばせてあげられるし、楽しみですよね。

でも赤ちゃんをプールに連れて行く時ってどんな服装をさせれば

良いのでしょうか?水着?それとも赤ちゃん用の水遊びパンツ?

今回はプールに赤ちゃんを連れて行く時の服装についてご紹介します。

赤ちゃんをプールに連れて行く時の服装はどういうのがいいの?

そもそも赤ちゃんって何歳からプールに連れて行っても大丈夫なのでしょうか?

自宅などのビニールプールであれば他の人を気にすることもないので、

自分でお座り出来る時期またある程度体力のついてくる時期でもある

生後7~8か月ほどであれば問題ないとされています。

ただし、公共施設などのプールではたくさんの人が利用するので、

自宅のビニールプールと同じようには考えられません。

何歳から公共施設のプールを使ってもいいのかというのは

そのプールよっても違うようです。

行く前に必ず行ける年齢になっているのかを確認するようにしましょう。

また年齢だけでなく、おむつについての条件があるプールがあります。

私の家の近くの市営プールを調べてみると、とくに何歳からという記載は

ありませんでしたが、

「三歳未満の幼児はプール用おむつを着用し、

その上に水着を着用して利用してください」と書かれていました。

しかし、ネットの書き込みを見ていると、おむつ着用の場合は

入れないところもあるそうです。

つまりおむつが外れている子供しかそこのプールは利用できないということなんですよね。

おむつを着用して入っていい場合の服装としては、

まずプール用のおむつを履かせます。

そのあとに水着をつけて利用するようにしましょう。

おむつのみでもOKというところはほとんどないようです。

おむつを着用してはいけない場合は、赤ちゃん用の水着だけを

着させて利用するようにしましょう。

まずは行こうとしているプールがどういう決まりになっているのかを確認してみましょう。

赤ちゃんの水着は全身タイプ、パンツタイプなど色々な種類があります。

最初のうちはとくに水着を着るということ自体慣れないでしょう。

そのため、着脱しやすいものや、動きやすいものを選んであげるようにしましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、日焼けにも敏感です。

室内プールでしたら問題ないですが、屋内プールに連れて行くのであれば、

スポンサードリンク

なるべく露出の少ない水着を選ぶようにしてください。

紫外線カットできる素材を選ぶようにしましょう。

サイズもぴったりしたサイズを選んであげてください。

大きくなるからと少し大きめのサイズを選ぶと遊んでいるときに

水着が脱げそうになり、けがをしてしまう原因にもつながります。

安全面を考え、その時にぴったりのサイズを選ぶようにしましょう。

初めて赤ちゃんをプールに連れて行く時の注意点は?

赤ちゃんをプールに連れて行く時は、必ず目を離さないようにしてください。

プールはたくさんの人が集まる場所です。

ちょっと目を離したすきに見えなくなってしまうということもあり得ます。

必ず手の届く範囲で遊ばせるようにしましょう。

赤ちゃんのうちは浅い場所でも溺れてしまうことがあります。

初めてプールに連れていった時は、まずは浅いところで水にならす程度で

遊ばせるのが良いでしょう。

最初から無理に遊ばせようとすると水が嫌いになってしまう場合もあります。

楽しい思い出になるように心がけてあげてください。

またプールは消毒をしていても決してきれいな水とは言い切れないですよね。

しかし、赤ちゃんからすると、そこは理解できないものです。

そのため誤って水を飲んでしまう場合もあります。

体調面にも影響するかもしれないので、水を飲まないように

しっかりみていてあげましょう。

安全面、衛生面も気をつけなくてはいけませんが、

もう1つ注意しなくてはいけないのが感染症です。

“プール熱(咽頭結膜熱)”という感染症を聞いたことがあるでしょうか?

アデノウイルスという菌が原因となり、5歳以下の子供がかかりやすい病気です。

年間を通して発生しますが、6月末頃から夏季にかけて流行しやすいとされています。

主な症状は結膜炎、咽頭痛、発熱です。

赤ちゃんは免疫力が弱いため、感染症にはかかりやすい状態ですので、

なるべく長時間は遊ばせないなど注意を払うようにしましょう。

プールはとても楽しい場所です。

ただし赤ちゃんにとってはたくさんの危険がある場所でもあります。

必ず手の届く場所にいるようにし、

安全面などに配慮しながら楽しく遊ぶようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする