赤ちゃんって温泉はいつからOKなの?おすすめは〇〇温泉!入れ方と注意点は?

スポンサードリンク

赤ちゃんがいつ頃から温泉に入っても

大丈夫なのでしょうか?

温泉の成分などもいろいろありそうで

ちょっと心配ですよね。

詳しく調べてみましたのでご紹介したいと思います。

赤ちゃんって何か月ごろから温泉に入れていいの?

赤ちゃんが温泉に入れる時期

生後2か月から3か月過ぎて、

赤ちゃんの首もすわりお母さんが

抱っこしてもぐらぐらしないように

なってからであれば大丈夫です。

お母さんの体力も考えていくのであれば、

少し赤ちゃんがお座りできるようになる時期の

生後6か月ぐらいまで待った方が、

ゆっくりと落ちついて温泉を楽しめます。

ただ、温泉により乳幼児には規制があるので、

事前に十分に調べておく必要があります。

温泉施設の情報を収集することが大事

赤ちゃんを連れての入浴を考えている場合

温泉の泉質を調べておきましょう。

そして、できるだけ単純温泉(体にやさしい成分の薄い温泉)

のある施設を選びましょう。

単純温泉であれば抵抗力の弱い赤ちゃんでも安心して入ることができます。

酸性やアルカリ性の成分の温泉は

デリケートな赤ちゃんにとって

トラブルの原因になりやすいので注意が必要です。

赤ちゃんの身体の洗い方

赤ちゃんの肌質はとてもデリケート!

あまりごしごし洗ってしまうと赤くなったり

小さな傷ができてしまうこともあります。

また肌が.かぶれて湿疹ができてしまうこともある為、注意が必要です。

赤ちゃんを洗う時には、大きめのガーゼの手ぬぐいを

使うようにしましょう。

洗い方は、手ぬぐいを赤ちゃんに優しくかけて、

石鹸の泡をたっぷりとたて身体をなでるようにして

洗ってあげましょう。

わきの下や首回り、お腹周りなど汗をかきやすい場所などを

スポンサードリンク

マッサージするように優しく洗ってあげましょう。

赤ちゃんの頭の洗い方

赤ちゃんの頭の頭皮は皮脂の分泌が激しく、

きちんと洗えていないとかさぶたのような湿疹ができてしまいます。

赤ちゃんに刺激の少ないシャンプーを使って

頭をゆるくなでるようにして洗ってあげましょう。

赤ちゃんにおすすめの石鹸は?

ボディソープなどがおすすめです。

刺激が少ないので敏感な肌の赤ちゃんにも安心です。

泡のたっぷりと出るタイプが赤ちゃんを

マッサージしやすく洗いやすいでしょう。

赤ちゃんの温泉への入れ方と注意点は?

赤ちゃんと温泉へ入る前の注意点

①入浴前には、かならず水分を補給してあげることが大切です。

②授乳直後は避けるようにしましょう。

③赤ちゃんの排泄リズムをよく確認するようにしましょう。

赤ちゃんの湯舟への入れ方

お湯の温度を十分に確認後、少しずつ赤ちゃんに

お湯をかけてゆっくりと入れてあげる徐々に

身体を温めてあげることができます。

しっかりと赤ちゃんを抱いて、足元が滑らないよう

注意しましょう。

あまり長い時間にならないほうがいいですね。

赤ちゃん入浴後のケア

赤ちゃんの肌の乾燥をしないように保湿ケアを

行うようにしましょう。

ベビーローションを手に取り入浴後の赤ちゃんの

顔や腕、足、背中などにゆっくりとさすりながら

塗ってあげましょう。

デリケートなやわらかい肌を乾燥から守ることができます。

温泉施設によっては家族風呂などもあり、

赤ちゃんのペースで湯加減も調整しやすいのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんと一緒の温泉旅行、楽しみですね。

赤ちゃんにとっては始めての温泉となるので

赤ちゃんのペースを第一に行動を考えていくようにしましょう。

宿についてからは、一度部屋で少し休んでから

赤ちゃんの様子をみます。

眠たそうな時は少し寝かせてから、

温泉へ連れていくようにしましょう。

温泉施設によっては大きめのたらいなどを

借りられるところもあります。

一般の湯舟での中ではガーゼなどは使えないこともあり

事前に尋ねておくといいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする