ビニールプールの上手な保管方法を伝授!お手入れの方法はどうしたらいい?

スポンサードリンク

夏の間重宝するビニールプール。

お家にあると子供たちがいつでも遊べるから良いですよね。

でも保管方法を間違えると、劣化しやすくなってしまうって知っていました?

もしかしたらお家においてあるビニールプールの保管方法間違っているかもしれません。

ビニールプールを長持ちさせるためにも正しい保管方法を確認しておきましょう。

今回はビニールプールの保管方法についてご紹介します。

ビニールプールの上手な保管方法は?

ビニールプールって使った後どうしていますか?

そのままにしている?しっかり片付けている?

1番やってはいけないことはそのままにしておくということです。

ビニールプールは直射日光の当たる場所に放置しておくと劣化しやすくなります。

そのため、遊び終わった後は水を抜き、直射日光の当たらない場所で

乾かしたら、屋内にしまっておくという方法がベストです。

濡れたままにしておくと雑菌が繁殖する原因にもなるので、

しっかり乾かしてからしまうようにしましょう。

またすぐ使う場合、もしビニールプールをたたまなくても置いておける

広いスペースがあれば、そのまま置いておくでも大丈夫です。

広いスペースがないのであれば、乾かしたあと空気を抜いて

小さくたたんでしまっておくようにしましょう。

シーズンが終わってずっとしまっておくと、ビニール同士がくっついてしまい

翌年使おうと思ったときに使えなかった、破けてしまったという方も

少なくないそうです。

そこでその年、ビニールプールを使うのが最後という日にあるものを振りかけておくと、

翌年、ビニールがくっつくというのを防ぐことが出来るんです。

そのあるものとは“ベビーパウダー”です。

水を抜いてしっかり乾かしたら、ビニールプールをたたむ前に

ベビーパウダーを全体に振りかけておきます。

こうするだけで、ビニールのくっつきを防ぐことが出来るんです。

とっても簡単なのでぜひやってみてくださいね。

スポンサードリンク

ビニールプールのお手入れはどうしたらいいの?

ビニールプールを劣化させないためにも、そのままにせず、

水を抜いてしっかり乾かしてから保管しておくということが大切です。

そして、もう1つ、ビニールプールを劣化させないために大切なのが、

“ビニールプールを洗う”ということです。

遊んだ後、ビニールプールって洗っていますか?

ビニールプールの水の中には外のほこりや砂、子供たちから出る汗や

皮脂など色々な汚れが詰まっています。

ただ水で洗い流すだけでは、しっかりきれいになったとは言い切れないのです。

汚れを放っておくと、雑菌の元にもなります。

また、洗わないまま翌年まで放置してしまうと悪臭の原因にもなってしまう可能性が。

翌年も心地よくビニールプールを使用するためにも、

普段からビニールプールはしっかり洗うようにしましょう。

ビニールプールを洗うのに、お風呂用の洗剤を使っているという人も多くいましたが、

それ以上におすすめなのが“重曹”を使って洗うという方法です。

重曹は料理などでも使われるため口に入ってしまっても害がありません。

赤ちゃんなどがビニールプールを使うと考えても、

安心して使うことが出来る洗剤と言えるでしょう。

重曹を水に溶かしたものをスポンジにつけて洗っていきます。

重曹には殺菌作用もあるので、雑菌の繁殖を抑えることもできます。

大きいものであれば子供たちにも手伝ってもらえば早くきれいにすることが出来るでしょう。

最後に水でしっかりすすぎ、乾かしてから、

保管場所に保管するようにしてください。

ビニールプールは雑に扱えば、簡単にダメになってしまうものです。

そうならないためにもしっかりとした方法で保管し、

少しでも長持ちするようにしていきましょう。

毎回は面倒かもしれませんが、プールを清潔に保つためにも

定期的に洗うようにも心がけましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする