スマホを充電するタイミングってどのぐらいがいいの?充電しすぎるとどうなる?

スポンサードリンク

毎日の必需品と言うと多くの方がスマホを上げるのではないでしょうか。

街を歩くだけでもほとんどの方が歩きスマホをしている状態の時もあります。

皆さん、どのタイミングで充電しているのでしょうか。

スマホを充電するタイミングってどのぐらいがいいの?

ガラケーはスマホとは違うバッテリーだった為に、完全放電してからの方が充電するに当たってはいいと言われていましたが、スマホのバッテリーはリチウムイオンバッテリーを使用しているためにガラケーと同じ様に完全放電してから充電する必要が基本的にはありません。

但し、このリチウムイオンバッテリーは大体500回の充電回数が設定されているために充電頻度は多くするとバッテリーが劣化しやすい状態になってしまうのです。

スマホのバッテリー交換はガラケーのように電池パックが外れるタイプではありません。

2年ごとに機種変するか多少お金が掛かってバッテリー交換するかの選択になります。

スマホ自体はそれほど安い物ではありませんから、気軽に機種変をする訳にはいきません。

そうなるとバッテリーを長持ちさせる事を考えなければなりません。

スマホの充電タイミングは充電切れを起こす前、つまり20%を切った位に充電を行うのがいいのです。

また搭載されてるリチウムイオンバッテリーは100%の充電時間を長時間保つと劣化しやすくなる事もわかっているので、Maxまで充電する事もバッテリーに負担をかける事になります。

1番いいのは、20%を切ってから80%位まで充電する方法がバッテリーを長持ちさせる方法になります。

充電を朝までしてしまうと100%の状態が長く続く事になるので、寝る時には充電しない状態の方がいいと言えます。

スマホを充電しすぎるとどうなるの?

スマホのバッテリーは100%の状態が続くと劣化しやすい事がわかったと思います。

スポンサードリンク

では充電をしすぎるとどうなるのでしょう。

リチウムイオンバッテリーは充電している時に熱をかなり出す特製が高いためにフル充電をしている時にはかなりスマホ自体が暖かく感じるはずです。

バッテリー不具合による火災もこれが基本的には原因です。

かなりの熱を持つ事を理解しましょう。

また充電をしすぎると、先ほども紹介したとおり、バッテリーの劣化が早まる傾向があります。

充電限界が500回といわれていますから、単純に1日1回の充電で500日しか持たない計算になります。

つまり約1年半位しかバッテリーの寿命がないことになるのです。

充電を頻繁に繰り返すことで、バッテリーの劣化が早まってしまう事になるのです。

スマホのバッテリーの充電の計算の考え方は通常とは違う為事も理解しておく必要があります。

1回充電機に差したからと言って1回とカウントされる訳ではなく、昨日25%充電して今日75%充電したと言う場合は2回充電したと思いがちですが、スマホのバッテリーは100%に充電がなった時に1回とカウントされるために25%+75%=100%となるので2日間の充電で1回フル充電したと計算されるのです。

100%の充電回数をいかに減らせるかも重要な要素になるのです。

また充電しながらスマホを使用している方も多いと思いますが、こちらもバッテリーを早く劣化させてしまう事になります。

簡単に言うと常に充電されているにも関わらず、使用電力がある為にバッテリーがどこまで充電していいのか、分からない状態になってしまっているのです。

バッテリーを酷使してしまう事になってしまうのです。

現在バッテリーの過充電を抑制するパーツが組み込まれているので、100%の充電を続けても問題はないとメーカー側は発表してはいますが、バッテリー自体は熱や寒さに弱い事はわかっているので、充電による熱の他に炎天下や冷たい場所に放置するのもバッテリーにはいい事は有りません。

まとめ

スマホの充電するタイミングと充電をしすぎるとどうなるのか?について紹介してきました。

スマホを使いなれている方達には、全てをスマホ一台で賄っている部分が多いと思います。

財布や定期券、スケジュールなど等全ての機能が1台に詰っているのです。

その分データーが多くなります。なるべくバッテリーの劣化を防ぎつつ長く使いたいものですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする