電気毛布が洗濯機で洗えないっていうのは本当なの?

スポンサードリンク

冷えは健康の天敵。

寒い季節や、冷え性の方にとって電気毛布は

心強い味方になってくれますよね。

しかし毎日電気毛布を使っていると、

ちょっとした汚れやにおいが気になってしまうもの。

洗濯してきれいにしてしまいたいけど、

電気毛布って洗濯しても大丈夫なのかな?

とお考えの方も多いはず。

今回は、そんな疑問にお答えします。

電気毛布を洗濯するときに注意したいこと、

してはいけないことを徹底紹介!

電気毛布を乾かすときの注意点もお話しますので、

長年愛用した電気毛布をきれいにしたいと

お悩みの方はぜひご一読くださいね。

電気毛布を洗濯機で洗うにはどのようにしたらいい?

商品を購入したときに入っていた箱や、

付属の取扱説明書に「洗える」と書いてある電気毛布は

洗濯することができます。

商品によってさまざまな注意がありますが、

その中でもっとも注意しなくてはいけないのが

「ドラム式洗濯機では洗わない」

ということです!

ドラム式洗濯機は洗濯機を入れたドラムを回転させ、

洗濯物を持ち上げた勢いを利用する「たたき洗い」と、

洗濯物をドラムの中で小刻みに動かして洗う「もみ洗い」

を併用することで衣類の汚れを落としています。

そのため、電気毛布の中にある熱を発するための

「ヒーター線」がよじれたり、傷んだりしやすくなってしまうのです。

もし自宅の洗濯機がドラム式だった場合は、

クリーニング店に「電気毛布をクリーニングしてほしい」

ということを相談してみましょう。

クリーニング店に持ち込むときもあらかじめ取扱説明書をよく読み、

「ドライクリーニング禁止」と記載されている場合は

「ドライクリーニングができないものです」と伝えてくださいね。

電気毛布には、温度を調節するコントローラーがついています。

コントローラーと電気毛布をつなぐプラグは防水性ですが、

スポンサードリンク

コントローラーそのものは精密機械であり防水されていません。

電気毛布を洗うときは、あらかじめコントローラーを

取り外してください。

電気毛布を洗濯機で洗うときは、

コントローラーを差し込むプラグを内側に包むように折りたたみ、

ネットに入れることも重要です。

洗濯の際に使う洗剤も「中性洗剤を使用」のように

洗剤のおおまかな種類が指定されていることがあります。

取扱説明書のほか、電気毛布本体についている洗濯タグも確認してみましょう。

電気毛布は洗濯機だけでなく乾燥機も使ってOK?

電気毛布を乾燥機で乾かすことは、残念ながらできません。

電気毛布の中には熱を発するためのヒーター線が

内蔵されていますが、

乾燥機にかけるとこのヒーター線が傷んでしまったり、

不具合を起こしてしまったりということも考えられます。

電気毛布の寿命を大きく縮めることになってしまうので、

洗濯した電気毛布を乾燥機で乾かすのは絶対にやめましょうね。

洗濯機で脱水することはできますが、

ふつうの洗濯物よりはかなり短い時間の脱水になります。

商品によって違いますが、

おおよそ30秒から1分程度脱水したら洗濯機から出し、

日陰に干して自然乾燥させましょう。

その際は、毛布の中に張り巡らされているヒーター線がよじれていたり、

重なったりしていないか確認してください。

広げた電気毛布を手で触るほか、

広げて光に透かすと中のヒーター線が見えるようになっています。

お天気のいい日に、強めの光の下で透かして確認するのがいいですね。

ヒーター線がよじれたり重なったりしたまま使うと、

やけどや発火の原因になってしまいます。

もしヒーター線に異常が感じられたらそのまま使わず、

製造メーカーに問い合わせましょう。

まとめ

電気毛布の洗濯と乾燥についてお話しました。

いかがでしょうか?

毛布という商品名になっていますが、

電気毛布はやはり家電製品。

洗濯するのはひどい汚れがついてしまったときだけにして、

ふだんのお手入れは日陰干しや電気毛布の

「ダニ予防モード」を使った乾燥程度に

とどめておくのがいいのではないでしょうか。

便利な電気毛布を長く使うためにも、

お手入れはほどほどが一番ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする