いちご狩りって虫がいるっていうけどどういう虫がいるの?服装は?

スポンサードリンク

デートで行っても家族で行っても楽しめるいちご狩り。

だいたい12月から5月までが

シーズンで春のイベントごととして

毎年いちご狩りに行っている方もいるそうです。

取ってすぐに食べられて楽しくておいしいって良いですよね。

興味はあるし、いちごも好きだから行ってみたいけど

虫が苦手…という方もいますよね。

いちご狩りって虫がよくいるって聞きますが、

実際どんな虫がいるのでしょうか?

今回はいちご狩りについてご紹介します。

いちご狩りを楽しむためにも事前に

いちご狩りのことをしっかり知っておきましょう。

いちご狩りに行くとどういう虫がいるの?虫が苦手でも大丈夫?

いちご狩りはいちご農園で行われます。

そのため虫がいるのは当然ともいえます。

特によく見かけるのが“ハチ”です。

これは偶然いるのではなく、

実は農家さんがビニールの中で飼っているために

よく見かけるのです。

ハチと聞くと怖いイメージがあると思いますが、

攻撃性の少ないミツバチですし、

数匹しかいないため、ハチを刺激しない限り

刺される心配はありません。

なぜミツバチを飼っているかというと

実はいちごの栽培にミツバチは欠かせないのです。

ミツバチは花の蜜と花の花粉をエサとしています。

その蜜と花粉を求めて、ミツバチはいちごの花の

めしべとおしべを行き来します。

この繰り返しによっていちごの受粉を

確実に行うことが出来るのです。

いちごを栽培するためには

受粉をしっかり行うことが重要となります。

ミツバチはいちごを栽培するためには

いなくてはならないものなのです。

またいちごを栽培するにあたり

無農薬で栽培するとどうしても

害虫が発生してしまいます。

考えられる害虫はアブラムシ類、シラミ、ダニ類や蛾の幼虫です。

スポンサードリンク

これらは目に見えるか見えないかの小さい虫になります。

そのため虫が苦手な方でも

あまり気にせずいちご狩りを楽しめるでしょう。

害虫は葉っぱなどについていることが多いですが、

念のためいちごも洗ってから食べる方が良いと思います。

いちご狩りに行くときはどういう服装がいいの?

いちご狩りに適している1番の服装は

“動きやすい服装”です。

いちご狩りの最中は立ったり座ったりすることが多いですし、

いろいろ動き回るようになるでしょう。

土や泥などがついて汚れることも考えられます。

動きやすく汚れても大丈夫な服装を着用していきましょう。

くつも出来る限り足に負担がかからないものを

履いていくようにしましょう。

いちご狩りのシーズンは冬から春にかけてなので

通常の服装は厚着をしていますよね。

しかしビニールハウス内は20℃~25℃くらいの室温に

設定してあります。

厚着をしたままでビニール内に入ると

汗ばんでしまうのですぐ上着を脱いで

薄着になれるような恰好をしていくと良いでしょう。

出来れば女性でもパンツスタイルで行くことを

おすすめします。

虫よけの効果もありますし、

けがなどの予防になるからです。

デートだからとおしゃれな格好をしていってしまうと

洋服ばかりが気になっていちご狩りが

楽しめなくなってしまいます。

まずは動きやすい格好ということを1番に考えて

服装を決めるようにしましょう。

お子さんと一緒に行く場合は土や泥がついても

良いように着替えを持っていくと良いでしょう。

まとめ

いちご狩りはやる場所によって用意してあるものも違ってきます。

楽しくいちご狩りをするためにも

持参しなくてはいけないものが無いかなど

事前に確認しておき、

当日困らない準備をしていきましょう。

もしデートで行く場合、服装はとても大切になってくるので、

急に行くことは避け、必ずしっかりと

計画をたててから向かうことをおすすめします。

ぜひ楽しいいちご狩りの思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする