赤ちゃんのパスポートって何歳から必要なの?何年有効?

スポンサードリンク

赤ちゃんのパスポートは何年から必要なのでしょうか?

そしてパスポートを取得してから

何年の有効期間があるのでしょうか?

赤ちゃんのパスポートについて、

知りたいあなたの為に詳しく調べてみました。

赤ちゃんのパスポートの申請から受け取りまでの手順は?

●パスポートは赤ちゃんでも必要?

赤ちゃんの場合も通常の大人と同様かならず必要となります。

●赤ちゃんのパスポートの一歩は・・?

赤ちゃんのパスポートの申請については、

1歳未満の赤ちゃんでもかならずパスポートの申請手続きが必要となります。

尚、パスポートの申請には生まれてから8日を経過している必要があります。

●赤ちゃんパスポート申請時の注意点

出生届けが受理され、戸籍がきちんと登録されてからとなります。

パスポートの申請のタイミングには注意が必要です。

●赤ちゃんのパスポートの手続き

お住まいの都道府県の窓口でパスポートの発行手続きをします。

●申請の仕方

大人と同じ方法となります。

申請書類に父親か母親が記入し、署名欄も記入して申請します。

パスポートは、生後何か月でも必要となるため、

すべて赤ちゃんの親が代理で申請をしていく必要があります。

●パスポート申請書類の流れ

①必要書類

・一般旅行発給申請書

・戸籍謄本

・住民票の写し

・顔写真 縦45mm×横35mm

・健康保険

・母子手帳

②パスポートの有効期限

5年有効(未成年者は一律)

赤ちゃんなどは、成人になるまでは幼少から青年期と

成長が著しく、顔も変形していく為、短い期間での更新となっています。

③パスポートの手数料

赤ちゃんのパスポートの手数料は、5年用で6,000円となります。

内訳は、(都道府県収入証紙2,000円と収入印紙4,000円)となっています。

スポンサードリンク

④パスポートの受け取り

パスポートの受け取りまで、少々時間を要します。

だいたい1週間ほどはかかりますので、

間に合うように早めに申請を行っておきましょう。

パスポートの写真は?パスポートのサインはどうする?

赤ちゃんのパスポートの写真などはどのように申請したらいいのでしょうか?

赤ちゃんの写真を写真館では、まず難しいでしょう。

じっとできないか泣いてしまうかのどちらかです。

パスポートの写真は自宅でのデジカメやスマホでの写真でもいいとされています。

そこで自宅で写真撮影のポイントをご紹介しましょう。

撮影者とサポート者の大人が2人必要です。

●赤ちゃんの自宅での写真撮影の仕方

①新生児から5か月ぐらいまで

・白いシーツを引いた柔らかい座布団の上に寝かせる。

・音の出るおもちゃで気を引く。

・真っすぐに天井を見上げた所を写真に収める。

②お座りのできる赤ちゃんの場合

・白い壁を利用して、背もたれのない状態で丈夫な段ボールを置く。

・赤ちゃんを壁にもたれさせて倒れないようにお座りをさせる。

・段ボールには白い布をかぶせておく。

・音の出るおもちゃで前方に注意を引き、正面から写真に収める。

●写真の大きさを修正

・自宅のパソコンに取り込む。

・無料の証明写真用ソフトなどを利用して、

パスポート用のサイズである縦45mm横35mmに仕上げていく。

・次に仕上がった画像データをフラッシュメモリーに入れ、

カメラ専門店へもっていき、機械で写真を現像する。

●パスポートの受取時

パスポートの受け取り時には、

実際の赤ちゃん本人と写真との照合があります。

赤ちゃんはかならず連れていくようにしましょう。

パスポートへのサイン欄は、父親か母親がサインしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんのパスポートの取得について、

きちんと手順を理解し、写真の撮り方などもコツをつかんでおくと、

タイミングを逃さずパスポートの申請をしていくことができます。

赤ちゃんにとって初めての海外旅行の思い出を

残してあげることができそうですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする