家のビニールプールでも塩素って使った方がいいの?値段は?使わないとどうなる?

スポンサードリンク

暑くなると、プール遊びがしたくなりますね♪

うちでも、一年ぶりにビニールプールを膨らませて、夏を迎える支度をしたところです^^

ただ・・・。

去年、水がもったいないからと翌日もプールの水をためて使っていたら、

匂いが気になりました。

今年は、何か対策をしたいんですが、塩素を入れたほうが良いのでしょうか?

家のビニールプールでも塩素って使った方がいいの?使わないとどうなる?

水は腐るので、そのままにしておくと当然、においます。

時期は真夏、その上に放置して塩素の抜けた水。

2日経つと痛んで、プールの周りがヌルヌルしてきます。

何となく、生臭くなり、そのうち青カビや白カビ・・・。

最終的には、プール開き前の青苔の生えた緑色の水になります…。

ビニールプールで塩素を使わないとどうなっちゃうの?

水道から出したばかりの水には塩素が入っていますが、

日中3時間くらいもすれば、抜けてくるんですね。

一昼夜経てば、ほぼ抜けてしまいます。

水道から出したばかりの水は冷たいので、何時間かはプールに入らず、

水温を気温に慣らします。その時点で塩素は抜けていきますので、

塩素を保つには足さなくてはなりません。

そのままだと、ビニールプールの中は雑菌だらけになってしまい、

中で遊んでいる子供たちの手や顔につきます。

そのまま、ご飯を食べると、お腹に菌が入って病気になります。

大腸菌、白癬菌、レジオネラ菌などが住みつくそうです。

プールでかかる病気には

  • 咽頭結膜炎(プール熱)
  • 流行性角結膜炎(はやり目)
  • 急性出血性結膜炎
  • 手足口病
  • ヘルパンギーナ
  • 腸管出血性大腸菌感染症(O157,O26,O111等)
  • レジオネラ菌
  • 伝染性軟属腫(みずいぼ)
  • とびひ
  • アタマジラミ

などがあります。

これらの感染を防ぐには、塩素の残留濃度を保持することが重要になります。

また、

  • 発症している人はプールに入らない
  • 水泳直後のうがい、手洗い、シャワー
  • タオルなどを人と共有しない

なども心得ましょう。

特に、公共の複数の人が入るプールでは、発症している人の身体に

ついている菌がそのまま水に漂い、それが他の人の体に入るので、

大変なことになります。

スポンサードリンク

うちの息子も、スイミングスクール後に同じ施設のカフェテリアで、

素手でから揚げを食べて、

そのまま手足口病になって苦しみました…。

当時、幼稚園児の本人いわく、

「ずーっとプールのお水に入っていたから、おててはきれいだと思った。」

そうで・・・。

その時、ちゃんと手を洗ったか、確認しなかった保護者の私が悪いんですが、

水の中に入っていた→水は手を洗うモノ→全身キレイになっている

と思い、

プール楽しい♪

唐揚げ美味しい♪と

ルンルン気分で、汚れた手のまま食べて、40℃近く熱を出しました。( ノД`)シクシク…

手洗い、大事です。

塩素を入れている公共のプールでさえ、時間が経つと塩素が抜けて、

雑菌、ばい菌だらけになるんです。

紫外線や菌に反応してなくなっていきます。

自宅の、塩素を入れてないプールはもっと要注意です(-_-;)

小さい分、水を毎日代えられるという利点はありますが、手間と水道代がかかります。

塩素って売っているの?塩素より安全な消毒剤ってあるの?

ネットなどで、自宅用の塩素は簡単に手に入ります。

薬局などでも売っています。

一錠20gほど、15錠で600円前後です。

プール4~5㎡で一錠ほどの使用なので、

小さいビニールプールなら、割って何回かに分けて使えますね。

モノによって使用の回数などは違いますが、

公共のプールですと残留塩素濃度が0.4mg/L~1.0mgとなっております。

それに合わせての、使用をおススメします。

ちょっと濃度の強いものを作って、入る前のシャワーにしたり、

腰をつけたりしても良いですね。

家庭用プールだと飛ばしがちですが、

プールに入る前の消毒シャワーは、プールの雑菌防止に効果があります。

また、

「うちの子は肌が弱くて塩素にカブレるの・・・。」

「幼いので、水を飲んでしまわないか心配・・・。」

という方には、非塩素系の消毒剤もたくさんあります。

安心安全なプールライフを満喫できますね^^

いかがでしたか?

塩素を入れても、消毒できない菌もあるので、なるべくプールの水は飲まないでくださいね。

良い夏休みを(^^♪

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする