キッチンのステンレスシンクについた傷を簡単に落とす方法とは?

スポンサードリンク

毎日洗い物をするシンク。

いつの間にか傷がついていた…なんてこともありますよね。

使っていれば傷がつくのは当たり前かもしれませんが、

出来ればついてしまった傷を綺麗にする方法は

ないのでしょうか?

特にまだステンレスシンクが新しい時は気になりますよね。

今回はステンレスシンクを新品のように

ピカピカにする方法をご紹介します。

キッチンのステンレスシンクについた傷を落とす方法は?ピカピカにならないの?

ステンレスのシンクの傷を消すのには研磨剤が効果的です。

ただ磨くだけで傷を消すことはできません。

研磨剤とは研磨して対象のものを磨いたり、

整えたりするのに使う粉や粒子のことです。

つまりステンレスの傷を落とすにはステンレスを削って

落としていくという方法を用いるのです。

ステンレスの傷に対しておすすめの研磨剤は

「クリームクレンザー」です。

クレンザーの裏を見てみると研磨剤という表記があり、

そこにパーセンテージが書かれています。

このパーセンテージが低いほど研磨剤の粒子は細かく

素材は傷つきにくく、

パーセンテージが高いほど粒子が粗く素材が

傷つきやすくなります。

ステンレスのシンクは傷のひどさにもよりますが

20%ほどのものを使うのがおススメです。

シンクの傷を綺麗にする方法は、

まずクレンザーをスポンジにとります。

出来ればスポンジは食器を洗うようなスポンジより、

メラミンスポンジのほうが落ちやすいのでおススメです。

普通のスポンジでも問題はありませんが、

普通のスポンジはクレンザーを吸ってしまうので

上手くクレンザーが行き渡らなくなってしまうことがあるのです。

スポンジにクレンザーをつけたら、

気になる傷の部分を円を描くように磨いていきます。

強く擦らなくても軽くやるだけで十分に綺麗になります。

なるべく明るくしてムラがないか確認しながら

磨くようにしましょう。

スポンサードリンク

終わったら必ずクレンザーが

残らないようにしっかり洗い流してください。

ステンレスシンクについた錆びとかも落とす方法はあるの?

ステンレスは錆びにくいといわれていますが

決して錆びないわけではありません。

ステンレスが錆びてしまう原因の1つは

「もらい錆び」です。

鉄で出来ているものなど錆びつきやすいものを

ステンレスの上においておくと、

空気中の酸素と結びつきステンレスも錆びてしまいます。

実際はステンレスが錆びるというわけではなく

ステンレスに錆が付着しているという状態です。

他にもステンレスに対して塩素系の漂白剤や洗剤を使うと

ステンレスがダメージを受け、

錆びやすくなってしまいます。

ステンレスと塩素は愛称が悪いそうなので

覚えておくようにしましょう。

ステンレスの錆びの落とし方は錆びのひどさによって違ってきます。

軽めの錆びであればメラミンスポンジを水に浸して

磨くだけでも綺麗になります。

頑固な錆びになってしまったら重曹を使うことがおススメです。

重曹は無害で口に入れても大丈夫なものなので

様々な食材を使うシンクの掃除に用いるということも

安心して使って頂く事が出来ます。

掃除方法もとっても簡単です。

錆びついてしまっている場所に重曹を振りかけ、

しばらく放置します。

そのあとスポンジや布を使って拭き取ると

綺麗に錆びをとることが出来ます。

一度だけでは綺麗にならない場合には

何度か繰り返し行うと落とすことが出来ます。

傷を綺麗にする際にご紹介したクレンザーも

錆びを落とすのにも有効です。

ステンレスは普段から気をつけていれば

錆びることはほとんどありません。

日ごろから錆びないように気をつけていきましょう。

まとめ

どんなものでも毎日使っていれば傷がついたり、

劣化してしまうのは当たり前です。

良い状態を長く保つためには日ごろのメンテナンスなどが

とても大切になってきます。

また間違ったお手入れ方法を行うことも

劣化を早めてしまう原因にもなります。

ステンレスのシンクについても早く劣化させないためにも大切に使い、

しっかりと正しいメンテナンスや掃除方法を行っていきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする