小雨なら洗濯物は部屋干しよりも外のベランダで干した方が乾くって本当なの?

スポンサードリンク

洗濯物はできれば外で干して乾かしたいものです。

でも雨が降ってしまえばそうもいかないですよね。

雨が降り始めたら、ほとんどの方が室内で干す、または乾燥機にかけるなどされるでしょう。

でも実は小雨なら室内で干すよりベランダで干した早く方が乾くそうなんです。

知っていましたか?

今回は小雨の場合の洗濯物の干し方についてご紹介します。

小雨程度なら部屋干しと外の雨に濡れないベランダ干しってどっちが早く乾くの?

洗濯物が乾くポイントは“気温”“湿度”“風”が関係します。

気温は夏など高い気温であるほど洗濯物の水分が蒸発しやすいため乾きやすくなります。

湿度はカラッと低いほど乾きやすくなります。

風に関しては、風通しが良いほど、洗濯物の周りの湿った空気が循環するため、

乾きやすくなります。

これらの環境が特に良いと洗濯物も早く乾きますよね。

なぜ雨が降ったら洗濯物が乾かないのか?それは湿度が原因です。

湿気の多い場所に洗濯物を干せば、洗濯物に含まれる水分はますます

多くなってしまうため、乾かなくなってしまうのです。

そのため、雨の日は外より湿度の低い室内に干したり、

乾燥機を使って乾かしてしまうという方が多いんですよね。

では小雨程度なら部屋干しと、外の雨に濡れないベランダ干し

どっちが早く乾くのでしょうか?

脱水直後の洗濯物であれば、室内に干すより、外に早く干した方が早く乾きます。

これも湿度が関係します。

洗濯物が乾くためには、衣類中の湿度より外の湿度が低ければ、洗濯物は乾きます。

つまり、衣類中の湿度が高い場合、小雨程度であれば、外の湿度は

そこまで高くないため乾くということなのです。

ただし、注意点はいくつかあります。

まずある程度洗濯物が乾いてきたらすぐに室内に取り込むということです。

ある程度乾き、衣類中の湿度が、外気の湿度よりも低くなってしまうと、

それ以上は乾きづらくなりますし、雨などが強くなれば、

また衣類中の湿度が高くなるかもしれません。

乾き始めたら室内に取り込み、あとは扇風機やエアコンなどを使って、

風を送りしっかり乾かすようにしましょう。

また、雨にさらされてしまう場所に干しても雨で濡れてしまうため意味はありません。

小雨の時、もし外に干すのであれば屋根が付いているベランダなど

雨除けが出来る場所で干すようにしましょう。

スポンサードリンク

そしてもう1つ注意したいのが気温です。

先ほどもお伝えしましたが、気温は高いほど洗濯物は乾きやすくなります。

そのため冬に比べて、夏の方が乾きやすいですよね。

冬は外気温が低いため、たとえ晴れていても洗濯物が乾くまでに時間がかかりますし、

室内の方が温かいため、冬場に関しては、小雨でも室内で干した方が

乾きやすい場合があります。

少し干して、乾く気配がなければ、すぐに室内に取り込んだ方が良いでしょう。

もし外干しで雨に濡れた場合はもう一度洗濯した方がいいの?

天気予報にない急な雨でせっかく洗った洗濯物が濡れてしまった…

そんな経験をされた方も少なくないでしょう。

濡れてしまった洗濯物を洗い直すかってすごく迷うんですよね。

洗い直すべきなのか、そのまま干しても大丈夫なのか、どちらが正解なのでしょう?

調べた結果からお伝えすると、雨に濡れた洗濯物は面倒でも洗い直した方が良いそうです。

雨には空気中のほこりや塵などの汚れが含まれています。

雨に濡れた洗濯物は汚れている状態と一緒ともいえます。

そのため雑菌の温床にもなっているのです。

そのまま放置すると、嫌なにおいの原因にもなりますし、シミなどの元にもなります。

雨に濡れてしまった洗濯物はそのままにせずもう一度洗濯し直すようにしましょう。

もう一度洗濯する場合、嫌なにおいの元になる菌をしっかり除去するためにも、

抗菌洗剤を使って洗濯するのがおすすめです。

一度しっかり洗っているということもあるので、もう一度洗う際は

時短など簡単に洗うだけでも十分です。

どうしてもすぐに洗い直せない時もありますよね。

そんな場合はまず室内に洗濯物を取り込んでしまいます。

濡れたままで時間が経てば経つほど、においの元となる雑菌は繁殖します。

まずは扇風機やエアコンを使って出来る限り早く乾かすようにしましょう。

その後時間が出来た時にもう一度洗い直すことをおすすめします。

まとめ

洗濯物は小雨程度であれば、雨に濡れない外干しで少し乾くまで干しておく方が早く乾きます。

ただし、気温なども関係しますので、その日の状態をみて判断するようにしましょう。

また、もし洗濯物がかなり濡れてしまったのであれば、衣類への影響も考え、

洗い直すことがベストです。今回調べた結果、ぜひ今後の洗濯の参考にしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする