公立高校の学費って毎月いくらぐらい?入学時や卒業時の費用は?

スポンサードリンク

公立高校の学費って毎月どれぐらいかかるのでしょうか?

入学金や卒業時の費用も気になります。

詳しく調べてみました。

公立の高校の学費とその内訳は毎月いくらぐらいなの?

公立高校の毎月の学費の目安

●学費

・公立高校  2,200円

・私立高校 1万~3万円

●入学金は

・公立高校  5,650円

・私立高校 15万から20万円

●高校3年間の学校教育費

・公立高校  69.3万円

・私立高校  216.7万円

●高校3年間の学校諸活動

(参考書、学習塾、スポーツ用品、部活動費など)

・公立高校   46.7万円

・私立高校   73.4万円

●高校3年間の合計費用

・公立高校  平均 116万円

・私立高校  平均 306万~318万円

子供の進路の選択の仕方によっては、

公立か私立という違いでの費用の負担は

かなり開くことが予想されます。

また、将来へつながる入試の結果によって変わってしまう場合もあります。

公立だけの情報ではなく、私立の情報も調べておくことが必要です。

高校進路選択については、早めに話し合い前もって

費用の確保の準備をしておく必要がありそうです。

尚、私立高校については、合格発表後、

通常はすぐに入学手続きをして入学金を払う必要がありますが、

私立高校については、延長制度も設けられています。

対象となっていない高校もありますので、

事前に詳しく調べておきましょう。

公立の高校入学時や卒業時の費用はどのぐらいかかるの?

公立高校入学時費用

入学金       5,650円

公立高校の学校以外の活動費用(概算)

こちらは、学校以外の費用は、個人により差があり、

選ぶ学習塾、部活動、その他活動していく内容によって

費用は異なります。

家庭内学習費    16,000円

(通信教育、参考書など)

家庭教師          14,000円

学習塾費          96,000円

その他(補助学習費)    9,500円

体験・地域活動      3,600円

芸術文化活動          8,600円

スポンサードリンク

スポーツ       8,500円

教養・その他         12,000円

高校授業料の概要

・ 高校の入学金

・ 高校の授業料

・高校の制服(夏用)

・高校の制服(冬用)

・高校のカバン

・高校の上ばき

・高校の通学靴  3年間で平均 6足程度

・体育館シューズ 3年間で平均 3足程度

・体操服、ジャージ(半袖) 3年間で平均3着程度

・筆記用具、辞書などの勉強道具

高校受験料は、公立で2,200円、私立で平均15,000円です。

私立か公立で大きく変わりますが、

受験時だけでも、私立なら50万円近く、

公立でも20万円前後は見ておくほうが良さそうです。

別途必要な高校受験対策費用

中学までと大きく違うのは、公立にしても私立にしても

必ず受験があるということです。

これは中学3年生の12月頃からかかってきますので、

学習塾についても受験対策用費用は別途見積もって

おいたほうがいいでしょう。

受験費用と一緒に計画的に準備しておくことが必要です。

大学推薦入学費用

高校受験の一つの選択には、大学推薦があります。

推薦での進学が決定した時には、

さまざまな大学入学へ向けての費用が発生していきます。

事前に計画的な準備をしていくことで、

様々な進学先の可能性を広げていくことができます。

高校授業無償化制度

2010年度から、世帯年収910万円未満の世帯が対象となり、

公立高校の年間授業料11万8800円が無料となっています。

同時に高校生等奨学給付金も設けられています。

詳しくは、各市町村のホームページにとご確認ください。

まとめ

高校3年間の学費の総額は、かなりかかりそうです。

公立と私立とでも相当な開きがあります。

国が実施している制度の改正などにも敏感になり、

高校授業無償化制度や高校生等奨学給付金などの情報を

子供さんも一緒に共有していくことが大切です。

また高校卒業時には、次の進学先となる大学へ向けての

準備がすぐに進めていくことになります。

高校受験時に発表される合格発表の有無によっては、

進路先は、大きく変わる場合もあります。

お子様の成長に応じて様々な状況に変化できるよう

家計管理そしてお子様の可能性へ向けての準備資金は、

計画的に早めの準備が必要です。

万一に備えて、様々進学の為の自治体の給付金や

低金利の融資なども情報を集めておくといいでしょう。

お子様の成績によって免除になるものなども中にはあります。

お住まいの自治体に条件など問い合わせておきましょう。

あなたのお子様の新しい一歩、応援してあげたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする