中学生の坊主は最近はないの?校則はどうなってるの?

スポンサードリンク

中学生の坊主頭って最近あまり見かけなくなったな・・っと

思うことってありませんか?

朝や夕方に時々すれ違う中学生・・

そういえば丸坊主で歩いている子供は

めっきり少なくなりました。

今の時代の教育現場の諸事情少し調べてみました。

中学生の坊主頭って最近見ないけど校則が変わったの?

昔と今と違う学校での校則の違い

昔は、男子丸坊主はもっと多く存在していたはず・・

と感じることってありませんか?

実際に最近では、中学生の丸坊主は少なくなっているようです・・

その背景には、時々テレビなどで報道される教育現場での

体罰に対して世間からの批判が増えているといったことも

影響しているようです。

学校の方針で男子全員丸坊主といったことは、

過去の日本には実際にはあったことです。

現在では、学校の中の部活動の違いなどではっきりと分かれており、

野球部や柔道部などは全員丸坊主が多いようですが、

その他の男子生徒は通常の髪型がほとんどとなっています。

各学校では生徒を指導していく上で、ある一定のルールの中で、

一貫性をいかに貫いていくかということに重点を置いていきたい

といった考えがあります。

教育者としての立場

見方を変えると学校側としては、生徒から教育者が甘く見られることを

防ぎたいという思いもある中、中学生にとって頭髪といったものは、

繊維な年頃の男子にとって、丸坊主にするといったことは、

決して平気でできることではなく、丸坊主を強要すること自体、

父兄や世間から批判をあびることになりそうです。

そういった背景もあり、昨今の中学校の校則では、

坊主にするといった校則は見受けられなくなりました。

ですが学校の伝統の中にいれていくことで、

より生徒は従順に従うべき事柄として中学生が丸坊主にしていた時代は

過去にはあったのは事実です。

坊主の歴史

日本において男子は江戸時代から明治の時代に至ってもまげを結っていました。

スポンサードリンク

庶民にとっては髪型の規制のようなものはなかったということです。

その後、明治時代に起こった日清戦争などの影響を受けて

教育そのものに軍国主義が取り入れられるようになり、

軍事訓練が行われるようになると同時に男子の丸刈りは

当たり前のこととなっていったようです。

当時の日本は戦争に勝つため徹底した軍国主義が

庶民にも徹底されました。

戦争に勝つ為にはあらゆる方法で国民の精神を統一させる

といったとは重要事項であり、その一つには男子の丸坊主があったのです。

男子の丸坊主は日本国民として当たり前のことだったのです。

丸坊主の発祥の要因もこういった過去の戦争経験からきているようです。

精神総動員といった言葉も使われており、

その意味合いとしては、まさに精神を全員もれなく統一する

といったことだったといわれていますが、

戦争に立ち向かっていった当時の人々の緊張と

強い気迫のようなものが感じられます。

今でも野球部は坊主?坊主じゃない?どっち?

昨今では、中学生の丸坊主は随分減っているようですが、

なぜ丸坊主にするの?といったことは、

学校の方針だからといったことだけでは、

本人そして家族には納得されにくいでしょう。

ですが部活動をしていく中で

①頭を丸坊主にしていくことでの精神面で統一がはかられる。

②頭を丸坊主にしていくことで連帯感を表す心構えとなる。

このように説明されるとどうでしょう。

きちんとした理由があることには従う意志を持てそうですね。

中学校の部活で野球部などが丸坊主といった姿は、

今の時代でもごく普通に感じられ、

野球少年としてあなたも頼もしく感じることはあるでしょう。

実際に丸坊主をしている彼らにしても自然で

当たり前のこととしてとらえているはずです。

まとめ

野球などの連携プレーのスポーツを通して丸坊主にする

といった行動は、連帯感を芽生えさせていくことになるでしょう。

丸坊主の中学生の姿は、どこか懐かしく、健気で、すがすがしい・・

意味合いは違いますが、同じ戦っていく姿といった点で

野球少年の丸坊主の中学生には、過去の先人たちと

重なる思いを感じることができます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする