錠剤が上手く飲めない・・・中学生ならこうすれば大丈夫!

スポンサードリンク

錠剤が上手く飲めない場合って・・どうしたらいいでしょう。

錠剤を子供でも飲むことができるいい方法はないのでしょうか?

詳しく調べてみました。

中学生になっても錠剤が上手く飲めない・・・どうすればいい?

子供が中学生になっても錠剤が上手く飲めない場合ってありませんか・・

何か解決法を知りたいですね。

錠剤が飲めない場合は、そもそもゴクンと飲み込むといった

動作ができないことがほとんどです。

人は食事のときに食べ物を噛み下して飲み込むといった感覚はあまりなく、

食べながら喉へ入って腸へいくといったリズムが自然と出来上がっています。

あえて固形物を飲み込むといった作業には

慣れていないといった方がいいでしょう。

人間の脳は、運動機能を命令するという働きが備わっていますが、

食べるといった食事にかかわる事柄ことがらは、

脳の中ではあえて運動機能を働かす必要もないほど

自然のリズムが出来上がってしまっているといったことになります。

足を動かす、手を動かすとは違った認識としてとらえられているようです。

その為、口から固形のものをそのままゴクンとすることには、

どうしても抵抗が出てしまうのです。

ゴクンと錠剤を飲みこむことは、子供だけではなく、

大人に至っても苦手とする人は結構あります。

錠剤をうまく飲むためのコツはあるのでしょうか?

錠剤を飲むための練習をする

①錠剤を細かく砕く。

②口に水を入れてあえてゴクンと飲む練習をする。

中学生ぐらいなら、水筒を常備させ、飲み方を何回も意識させ練習させる。

水を口に少しためてからあえてゴクンと飲み込む練習をする。

(小さな子供の場合は、親が実際に飲む様子を目の前で見せて、マネをさせる。)

小さな子供は最初のうちはいやがったり、

スポンサードリンク

飲み込めず出してしまったりするでしょう。

何回も繰り返していくことで、少しずつできるようになり

大人になるに従って意識なく錠剤が飲めるようになります。

どうしても飲めない場合は、他の方法はあるの?

どうしても子供が錠剤が飲めない場合は、

別の方法を試してみましょう。

大人になってからも、薬なども飲み方を誤ると誤嚥性肺炎などに

つながることもあります。

(特に高齢になってからは注意が必要です)

錠剤を飲むときの違和感の改善の仕方

錠剤を飲むときの違和感はどのようにしたら

改善することはできるのでしょうか?

食物が喉を通るところの箇所を咽喉(いんこう)といいます。

この咽喉は、空気の通り道と軌道とが共有していることになります。

人間の身体の機能として自動的に振り分けられるようになっています。

錠剤を飲むときにはどんなことに注意をしたらいいのでしょうか?

飲み込みをあまり過剰に意識しないことも大切ですが、

錠剤を飲む前には、喉を少し湿らせておくといいでしょう。

あらかじめ十分な水分とともに錠剤を飲むようにしましょう。

服用ゼリーを使ってみる

錠剤を包み込んで、ゼリーと一緒に飲み込みしやすく

するためのものとなります。

結構、服用ゼリーはコストもかかる為、

サプリメントなどにはオススメできません。

尚、ずっと大人になってからも利用し続けてしまうと、

癖になってしまいいつまでたっても錠剤をゴクンと

できなくなることもありますので注意が必要です。

まとめ

普段、錠剤を口にする機会はどこの家庭でもあるでしょう。

子供によっては、錠剤を飲む混むことの違和感に抵抗があるようです。

なかなかスムーズに飲めない場合こともあり、

病気をしたときに症状を改善できにくいことも起こってしまいます。

薬を細かく砕いて飲んだり、薬局などに売っている服用ゼリーなどを

試してみてもいいでしょう。

錠剤ゼリーだけに頼りすぎないように、

普段から水を使ってゴクンと飲み込む練習を

何回も繰り返していくことで、

やがて意識しなくても錠剤をすんなりと飲めるようになります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする