手についた油汚れの落とし方とは?この方法でスッキリ落とそう!

スポンサードリンク

料理をしたりオープングリルなどの掃除をした後などに

手がべたついてしまっていつまでも取れない・・

そんな思いをしたことあなたはありませんか?

手についた油の汚れをすっきりと取る方法があったら知りたいですよね。

調べてみましたのでご紹介したいと思います。

料理や機械をいじって手についてしまった油を上手に落とす方法とは?

手についてしまった油は、人の手の温度で浸透してしまいやすくなります。

ベタベタして気持ち悪いですね。

スッキリと落とす方法についてご案内しましょう。

料理で手についた油汚れの落とし方

①砂糖で落とす方法

砂糖を手にとり、少し水に濡らしてからごしごしとこすります。

油は砂糖に吸収されやすい性質がありますので

手についた油をスッキリと落とすことができます。

②小麦粉で落とす方法

小麦粉を手にとり軽くこすり合わせて手の油をとります。

小麦粉が油を吸収してくるのですっきりと落とすことができます。

③サラダ油で落とす方法

手に付いた油分は、サラダ油をつけるとするっと落とすことができます。

油を油で包み込んで落とすことができます。

④コーヒーの出し殻で落とす方法

活性炭がコーヒーには含まれている為、

油の汚れなども付着させて取ることができます。

⑥クレンジングオイルで落とす方法

油を油で落とせます。

クレンジングオイルで手の残った油を落とすことができます。

クレンジングオイルは、角栓も落とすことができるので

さっぱりと油を落とすことができます。

それぞれの方法で手についた油を落としてから、

せっけんを使ってもう一度手を洗っておくようにしましょう。

機械いじりで手についた油汚れの落とし方

機械をいじって手についてしまった油はどうしたらいいでしょうか?

自動車の整備や鉄工所などの機械を扱う仕事などでは、

しっこい油で手がベトベトになり水やお湯で

何回あらってもいつまでも油の汚れが残ってしまう・・・

なんとかしたいですよね。

スポンサードリンク

油汚れなどに強いハンドクリーナーで汚れが落とせます。

・シトラスクリーンのハンドクリーナー

・ファーストオレンジのハンドクリーナー

何度洗っても、手に残ってしまう油ですが、

こういったハンドクリーナーを使うことで

スクラブ粒子の配合で、爪の中の汚れなども

キレイに落とすことができます。

油汚れに強いハンドクリーナーは、

インターネットや日用品売り場などで購入できます。

壁とかフローリングについてしまった油の落とし方は?

壁についてしまった油やフローリングついてしまった油は

どうしたら落とせるのでしょうか?

壁についた油は?

重曹で落とすことができます。

重曹を薄めてからスプレーにしておくと壁などの油掃除に使えます。

重曹の成分で壁などの油汚れもさっぱりと落とすことができます。

注意点としては重曹は水に溶けにくい為、

お湯で溶かして使いましょう。

溶かしたあとの液体は強いアルカリ成分となりますので、

取り扱いには十分な注意が必要です。

床についた油は?

床についた油も重曹で落とすことができます。

薄めた重曹をスプレーしながら床の掃除をしていきましょう。

床の素材によっては変色などを起こす場合もあります。

床の素材などを調べておき重曹のアルカリ成分で

色が変色しないか事前におくといいでしょう。

まとめ

普段料理をしてて、ハンバーグを作ったりすると

手が油分でベタベタになってしまいますよね。

そんなとき手についた油の取り方を知っておくと、

すぐに手の油をとることができてストレスもありませんね。

また壁や床に飛び散ってしまった油などへの対処の仕方なども

同時に覚えておくといいかもしれません。

様々なタイプのハンドクリームなど使っていく場合は、

使用上の注意点をしっかりと

読みあなたにあったものを使っていくようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする