スーパーで買ったにんにくって洗った方がいいの?手についた臭いを即効取る方法とは?

スポンサードリンク

栄養価が高く、疲労回復効果も期待できる“にんにく”。

実は生活習慣病の改善や大腸がんの予防にも役立つといわれているんです。

そんなにんにく、スーパーで買ってきた後って洗ってから使っていますか?

洗わなくても平気なのでしょうか?

またにんにくを取り扱うとにおいが手につくにも気になりますよね。

今回はにんにくは洗ってから使うべきなのか、また手についたにおいの落とし方についてご紹介します。

スーパーで買ったにんにくって洗った方がいいの?それとも洗わないで平気なの?

にんにくは洗った方がいいのか?洗わなくても平気なのか?

その答えは「どちらでも大丈夫」ということでした。

にんにくは土の中で育つため、泥などが付いていないか心配にもなりますが、

実際に使用する際は外皮をむいてから使用するので、洗わなくても問題はありません。

外皮をしっかりとってしまえば、泥や汚れなども落ちてしまいます。

それでも気になるという方は洗ってから使っても大丈夫です。

ただし、なかにはスーパーから買ってきたものを1度洗ってから冷蔵庫に入れる

という方もいますよね。

にんにくに関しては調理前以外に洗うということはあまりおすすめできません。

なぜなら、にんにくは何層にも重なり合って出来ているため、

そこに水が入りこんだまま時間が経ってしまうと、カビや腐敗の原因に

なってしまうからです。

にんにくは買ってきたら洗わず、そのまま保存するようにしましょう。

調理前、にんにくを洗う場合は、皮をむいた後軽く水洗いする程度で大丈夫です。

手についたにんにくのにおいを上手に消す方法ってあるの?

料理などでにんにくを取り扱うと、手ににおいが染みつきなかなかとれなくて困って

という経験ありませんか?

そのあと出かけたりすると、他の人ににおいが気づかれないかも気になってしまいますよね。

そこで手についたにんにくのにおいを上手に消す方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

にんにくのにおいの原因は“アリシン”という成分によるものです。

しかしにんにく自体にはこのアリシンという成分は含まれていません。

どういうことかというと、にんにくには“アリイン”という成分が含まれており、

切るなどの刺激を受けることでアイリンの細胞が壊れ、もともとにんにくに

含まれているアリナーゼという酵素を触れることで分解が始まります。

アリインが分解することによってアリシンに変化するのです。

にんにくそのもののにおいを嗅いでも、にんにくの独特なにおいは感じられないでしょう。

切ったり叩いたりなど刺激を与えることで、独特なにおいが発生するのです。

手についてしまったにんにくのにおいをとるのにはステンレスを使うのが効果的です。

ステンレスに触れると鉄イオンとにおい成分が反応して手からにおいを

引き離してくれるという効果があるのです。

ステンレス石鹸というものが販売されていますので、それで手を洗うだけで、

簡単ににんにくのにおいを消すことが出来ます。

他にも玉ねぎのにおいや魚などのにおいもステンレス石鹸を使うと消すことが出来ます。

ステンレス石鹸をわざわざ購入しなくても、シンク周りにはたくさんの

ステンレス製のものがあるでしょう。

例えば、ボウルやスプーンなど。こういったものをこすりながら

水で手を洗うだけでも、においを消すことが出来るので、ぜひ試してみてください。

他にもレモンやオレンジなど柑橘系の果物を使ってもにおいを消すことが出来ます。

にんにくのにおいは酸性のものと中和させることで消すことが出来ます。

酸性の作用のある柑橘系の果物はにんにくのにおいを消すのに有効なのです。

手の水分を拭き取ったら、レモンなどの皮を搾り、汁を出し、

それを手に塗ってあとはしっかり洗い流すだけです。

お酢なども同じ作用があるため、代用可能です。

ただし、長時間手に付けたまま放置すると、ピリピリしたり赤くなったりする場合があるので、気をつけましょう。

まとめ

にんにくは洗っても洗わなくてもどちらでも大丈夫です。

どうしても洗いたいという方は外皮をむいてからサッと洗う程度にしましょう。

保存する前に洗うということは避けてください。

手についたにんにくのにおいも簡単にとることが出来ます。

今回ご紹介した方法、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする