公立中学校の学費って毎月いくらぐらい?入学時や卒業時の費用は?

スポンサードリンク

お子さまが小学校を卒業し、春から中学生になる

というお父さま、お母さま、おめでとうございます。

凛々しい制服姿は頼もしく、また大人へと一歩近づいたように感じられますね。

中学校への進学はおめでたいことですが、

やはり学校に通うとなると学費が必要になってきます。

公立中学校とはいえ、学費の総額や内訳は気になるものですよね。

そこで今回は、公立中学校へ入学するとき、

どれくらい学費が必要になるのかということについてお話したいと思います。

公立の中学校の学費とその内訳は毎月いくらぐらいなの?

文部科学省が平成28年度に調査した

「子どもの学費調査」によると、

公立中学校の学費の総額は478,554円。

では、その内訳もご紹介しましょう。

①学校教育費:133,640円

学校教育費とは、生徒全員から一律で徴収することとなっている費用です。

主に教科書やテキストなどの教材や修学旅行、

遠足といった行事、また制服や上履き、名札や校章などを

発注するときの費用として使われます。

学校教育費とは、学校に通っている生徒が

全て必要としている物や行事に使われるのです。

学校教育費については、文部科学省がさらに

詳しい内訳を調査していますので、ご紹介します。

・授業料:公立中学校のためなし

・修学旅行、遠足、見学費:25,038円

・学校納付金等:13,994円

・図書、学用品、実習材料費等:23,839円

・教科外活動費:31,319円

・通学関係費:35,914円

・その他:3,536円

修学旅行や遠足といった学外に出かけて行く行事への

出費が多くなっていますね。

また、学習のために必要な学用品や実習のための材料費なども

20,000円代となっており、重要性がはっきりとわかりますね。

②学校給食費:43,730円

学校給食費とは、名前のとおり学校で生徒に提供される給食のための費用です。

学校給食法により、給食センターの設備費や人件費以外は

保護者負担となるということが定められており、

毎月4,000円から4,500円程度の支払いが必要になります。

学校給食費の滞納が多くなると、

学校側が十分な給食を生徒に提供できなくなってしまいます。

支払い忘れのないようにしたいですね。

③学校外活動費:301,184円

スポンサードリンク

学校外活動費とは、生徒が学校の外で活動するための費用です。

学校外活動費は、予習復習や補修など、

授業外で学習するために必要な費用のこと。

主に塾や家庭教師のための費用や自宅学習用のテキスト費、

受験の前の模擬試験参加費などの「補助学習費」と、

習い事や体験学習、地域のレクリエーション活動に

参加するための費用となる「その他の学校外活動費」

によって構成されています。

こちらは学校側というより、お父さまやお母さまの

裁量によって決められる費用が多いようです。

公立の中学校入学時や卒業時の費用はどのぐらいかかるの?

中学校からは制服を着ることとなり、

入学までに制服や鞄、上履きなどを揃える必要がありますね。

お子さまが男の子の場合はブレザーや学ランの

下に着るカッターシャツが必要になりますし、

お子さまが女の子の場合はセーラー服のタイやリボン、

洗い換えのためのブラウスの呼びが欲しくなるところです。

また体育のときに着るジャージ一式や地域によっては自転車通学用の

学校指定ヘルメットなども必要になり、

なにかと物入りになるでしょう。

入学前にこういった制服やジャージなどを買い揃えるとき、必

要になる金額はおよそ80,000円から100,000円程度とされています。

学校によって制服やジャージの価格設定が違うこともありますので、

事前に地域の制服取扱店に問い合わせてみるといいですね。

中学校を卒業する際は、進路によって必要な費用が

違ってくるでしょう。

高校に進学する場合は受験のための費用がかかりますし、

合格すれば事前に高校の制服を買い揃えることになります。

卒業式のための費用はPTA費用などで賄われていることが多いですが、

それとは別に卒業アルバムのための費用を徴収されることもあります。

卒業アルバム費は学校によってばらつきがあり、

平均的な金額というのはあまりわかっていません。

5,000円程度で済む学校もあれば、

20,000円以上の費用を徴収される場合もあります。

学校説明会で質問できる時間があれば、聞いてみるのもいいですね。

まとめ

お子さまが公立中学校へ入学する際に

必要な学費についてお話しました、いかがでしょうか?

進学は何かと物入りになりますが、

現在は文部科学省が制定した「就学援助制度」があり、

先に紹介した「学校教育費」や「学校給食費」の一部を

補助してくれます。

文部科学省が決めた審査基準がありますので、

もしお困りのときは調べてみるのもいいでしょう。

お子さまが通う学校にあらかじめ相談したうえで、

就学援助制度を受けてみることもご検討くださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする