幼稚園への持ち物の名前付け…手書きはやっぱり一般的ではないの?

スポンサードリンク

入園の準備のひとつである、持ち物への名前付け。

意外に名前付けしなくてはいけないものって多くて、大変なんですよね。

でも最近は名前を手書きしない人が増えているって聞くけど本当なの?

手書き以外だとどんな方法があるの?

今回は幼稚園の持ち物への名前付けの方法についてご紹介します。

幼稚園の持ち物への名前付けって手書きはもう古いの?手書きだとやっぱり大変なの?

名前付けというと手書きというイメージを思い浮かべる方も

いらっしゃるでしょう。

実際名前付けは手書きで行っている方もまだまだいらっしゃるようです。

ただ少しずつ手書きではない方法で名前付けする人が

増えているということも本当だそうです。

手書きが減っている理由は2つ。

一つ目の理由は「全部手書きをすると時間がかかって大変だから」だそうです。

確かに手書きすると疲れますもんね。

しかも間違えることが出来ないものなどに書くことも多く、

緊張しながら書くと思いますのでより疲れてしまいますよね。

もう一つの理由は「字が下手だから」。

名前は他の子と間違えないように目に行くところに書きますよね。

自分の汚い字で目立つところに名前を書くのは恥ずかしいと、

手書きすることを避けている方もいるようです。

手書き、シール、スタンプのメリット、デメリットは?シールやスタンプはいくらぐらいするの?

最近では少しお金がかかったとしても

簡単に名前付けが出来るという方法が人気になっているそうです。

中でも特に人気なのが「シール」と「スタンプ」です。

シールには手で張るタイプとアイロンで張るタイプがあります。

手で貼るタイプのシールはパソコンとプリンターがあれば

お家でもつくることが出来ますし、

テプラのようなラベルプリンターをお持ちであれば

そちらを活用するのも良いでしょう。

他にもネットなどで名前シールをオーダーで作ることも可能です。

ネットなどから注文すると様々な柄や種類が豊富にあるので

お子さんの好きなデザインなどを選ぶと、

より持ち物を大切にしてくれるでしょう。

ネットなどで注文すると業者によって違いはありますが、

1000~1500円ほどで作ることが出来ます。

アイロンで貼るタイプも同じようにネットで注文することができて、

スポンサードリンク

料金も手で貼るタイプと同じくらいで作ることが出来ます。

手芸屋さんにも名前シールは販売されていますが、

デザインや種類の豊富さを考えるとネットで注文した方が良さそうです。

もう一つのスタンプもネットで注文することが出来ます。

料金はやはり業者によって違いますが

2000~3000円ほどで作ることが出来ます。

名前スタンプは他にも文房具店でも販売されており、

50音すべてや濁点、数字なども入ったセットになっているため、

名前以外にも使用できると人気を集めているそうです。

大文字であれば最大9文字、小文字であれば最大11文字まで

組み合わせが可能だそうです。

兄弟がいる場合にはそのあとなどにも使えるので

こういったタイプを使用するのも良いかもしれませんね。

何を使ったら良いのか迷ってしまう方もいるようですが、

それぞれのメリットデメリットも確認しておきましょう。

まずシールは貼るのも簡単ですが、間違えた時にも簡単に剥がせるという良さがあります。

アイロンタイプであっても熱を再度加えることで粘着ノリが柔らかくなり、

剥がすことが出来ます。

ただし、剥がしやすいということを反対に考えれば強度が弱いため

剥がれやすいということも考えられます。

特に手で貼るタイプは剥がれる可能性があるので、

気になる場合はセロハンテープなどで補強するようにしましょう。

スタンプはインクをつけて押すだけととっても簡単です。

種類にもよりますが、水ににじまない油性のインクを使っているため、

プラスチックや布などにも使用することが出来ます。

しかし、しっかり押さないとうまく押されないため失敗してしまうことも。

またネットで注文する場合は届くまでには日数がかかります。

そのため注文する場合は余裕を持って注文しなくてはいけませんので注意が必要です。

名前付けの方法は幼稚園によっては指定がある場合もありますので、

必ずしっかり確認してから名前付けするようにしましょう。

手書きは大変ですが、自分の思った通りの大きさや太さで書くことが出来ますし、

ものによっては手書きの方が良いという場合もあります。

手書き、シール、スタンプそれぞれに良さがありますので、

どうやって名前付けするかは、物によって使い分けても良いかもしれませんね。

まずは持ち物を確認し、どうやって名前付けするか考えるところから始めてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする