バーベキューに誘われた時の上手な断り方とは?2つのポイントを押さえて!

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク辺りになるとバーベキューを行う方も多くなるのではないでしょうか。

バーベキューが好きな方の中には、誰もがバーベキューは好きで、嫌いなはずはない!

と思っている方も少なくはありません。

そんなツワモノに対して上手な断り方があるのでしょうか。

バーベキューに誘われた時の上手に断る方法とは?

アウトドアを趣味としている方は、必ずバーベキューがセットになっています。

それに、彼らの頭の中では、バーベキューは楽しい物と固定されています。

そんな方にバーベキューに誘われたりでもしたら、さ~大変です。

自分はアウトドア派ではないし、バーベキューも好きではない、と思っている方も大勢います。

友だちに誘われたなら何とか断ることができるかもしれません。

しかし、会社の先輩等に誘われた場合には断ると仕事上に

何らかの影響が出てきそうですよね。

行きたくもないバーベキューに行って、気を使ってつまらない一日を

過ごすのは苦痛でもあり、時間の無駄と感じてしまいます。

そうならない為には、相手に対して上手に断る方法を身に付ける以外ありません。

バーベキューに誘われた時の上手な断り方には、他の場合でも同じ様に

断る事ができる基本が存在しています。

その基本をマスターしてしまえば、相手を傷つけることなく断る事が可能になります。

上手な断り方の基本

1.バーベキューに誘われた事に対してのお礼を必ず言う事

断る事で自分自身が罪悪感を感じる事はありません。

ただ相手の気持ちに対しては充分配慮をしなければなりません。

バーベキューに誘ってくれた方に対して誠意を見せる意味でも、

バーベキューの誘いを断る際には誘ってくれたお礼をして感謝しています、

と言う事を相手に伝えるのです。

相手を嫌な気持ちにさせない事が重要なのです。

例えば

お誘いいただきありがとうございます。

ご一緒させて頂きたいのですが、あいにくその日は、

どうしても外せない用が既に入っていまして・・・

この様な堅苦しい回答でなく、フランクないい方でも大丈夫でしょう。

誘ってくれた相手に感謝の言葉をすればいいのです。

スポンサードリンク

2.断る時には理由を必ず付けること。

ただ単に、参加できません。

では相手もなかなか納得してくれるわけではありません。

ちゃんとした理由をつければ、相手も今回は仕方がないと思ってくれるはずです。

先約があるや所用がある等一般的に断る際に使われる理由で充分です。

理由には具体的な事を云う事で信憑性がまします。

ただ理由があまりにもおかしい理由では相手に不快な思いをさせる可能性があるので、

一般的な理由で断るのが一番いいでしょう。

毎回誘われるけどどういう風に断ればいい?同じ理由は通用する?

バーベキューに限らず飲み会などを断る時に、毎回同じ理由では、

相手に悟られてしまうと思っている方も多いのではないでしょうか。

先ほども紹介したとおり、

・相手に感謝の意を表す言葉を示す

・断る理由を具体的に話す(相手に不愉快にさせない用な理由)

・次回時間が合えば必ず参加する様な言葉をつける

この3点セットを忘れなければ、同一の理由でも問題はありません。

ただ毎回・毎回同じ理由では厳しくなっていきますから、

ある程度は使い回せる理由を複数用意しておく方がいいでしょう。

例えば

その日インターネット回線工事がある

マンションの設備検査があるので、家にいなければならない

子ども入っているチームの試合があるので

などなど、それらしい内容を必ず用意しておき、

次回は是非という言葉を付けておけば、問題は生じないでしょう。

相手の気持ちを尊重して、かつ次回は必ずと言う言葉を付けるだけでも

相手は不快な思いをせずに、諦めてくれます。

まとめ

バーベキューの上手な断り方について紹介してきました。

どうしても行きたくない、嫌いな相手がいるから行きたくないと理由は様々あります。

どうしても人間関係を円滑にしたいですから、不快な断り方ではなく、

具体的な理由をつければ相手もそれ以上追及はしてきません。

このバーベキューでも断り方は他の場合でも使える事から、

ある意味大人のマナーとして知っておく事も大事です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする