バーベキューを雨でも決行!雨対策はこれでバッチリ!

スポンサードリンク

友人たちとのバーベキューパーティーは、とても楽しいですね。

一緒にお料理を作ることで、日頃の親しさがさらに深いつながりになります。

自然の中で、一緒にお料理し食事することで話せなかったことが

話せたりもします。

こんな楽しみのあるバーベキューですが、折角調節した予定日が

雨ということもあります。

どうしても、その日にバーベキューをしたいと思いますね。

そこで、雨の日のバーべキューを決行するにはどのような準備を

しておくべきかをお話ししましょう。

さらに、雨の日のバーベキューのお料理にどのような楽しみが

あるかも紹介しましょう。

きっと、雨の日のバーベキューが楽しい日になるに間違いありません。

バーベキューを雨でもやりたいけど、雨の対策はどうしたらいい?

友人たちとのバーべキューは、気がおけなくてワイワイと楽しめます。

あれこれ食材を購入して当日を待ちます。

ところが、生憎その日が雨という事態になった時にはどうしましょうか。

まず、バーベキューで雨の日が嫌がられる原因として、

濡れる、開放感がない、気分がのらないなどの理由が挙げられます。

そこで、雨の日でもバーベキューを楽しめる対策を紹介しましょう。

まず、雨の日のバーベキューで1番大変なのが準備と後片づけですね。

そこで、最近ではバーベキューの器具から準備、後片付けまでしてくれる

所があるので計画段階からそこを利用するのも良いですね。

自分でする場合は、雨に備え細々としたアイテムをそろえる必要があります。

日よけに使われるタープがあれば万全ではありませんが、

コンロなどが雨に当たることを防げます。

当日は、雨具と共に着替えとカーデガンなど羽織るものを準備し

カジュアルな服装で参加するようにしましょう。

バーベキューが雨の時って食事の内容はどうしたらいいの?

晴れた日のバーベキューは、豪快にお肉を焼くことがメインになります。

スポンサードリンク

雨の日のバーベキューでは、一味違ったお料理を試してみましょう。

雨の日のバーベキューのおすすめ料理は、スモーカーと言われる燻製器も

市販されているので燻製を作ってみましょう。

また、雨の日は七輪やバーナーを使って時間をかけて

ローストチキンやパエリアなどをバーベキューの参加者たちと

作るのも楽しいでしょう。

また、雨の日はタープの下でのバーベキューになるので

簡単に鉄板での焼肉をシンプルに楽しむのも良いです。

その際には、網を使っての焼肉ではなく鉄板やスキレットを使うと

火の粉を防げるのでタープに穴が開かなくてすみます。

特に、厚手のミニフライパンであるスキレットはアウトドア用の

調理器具で100円均一店でも購入できます。

このスキレットの特徴は、熱をじっくりと食材に伝えるので

旨みを素材に閉じ込めたまま調理できることです。

ローストチキンから煮込み料理、ピザまでと多様なお料理を屋外で楽しめます。

さらに、ダッチオーブンを使ってのお料理を試してみるのも良いですね。

スキレットやダッチオーブンなどの調理器具を使うことで、

日頃のバーベキューと違ったお料理を皆で楽しめます。

まとめ

雨の日のバーベキューは憂鬱というイメージが、

色々なお料理を楽しめることがわかれば無くなりますね。

雨の日は、濡れることを想定してタープからタオルなどを多目に準備しましょう。

自分でバーベキューをすることも楽しいですが、

予定日が雨という可能性が高い場合は日程調整ができないのであれば

バーベキューをしているお店などを利用するのも1つの選択肢です。

雨の日は、日頃のお肉を焼くことをメインにするバーベキューとは

異なったお料理をスキレットなどの調理器具を利用して楽しみましょう。

スキレットとダッチオーブンがあれば、お料理の幅が広がって作るのも

食べるのも楽しくなりますね。

また、雨の日のバーベキューは、雨の中の自然を満喫できて

きっと思い出深い1日になるに違いありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする