一年生で毎朝泣く…どうして?気にしないといけないポイントは?対策は?

スポンサードリンク

小学校に入学。

親からすると子供の成長を感じられる嬉しい出来事ですよね。

でもなぜか朝、小学校に登校する前になると泣いてしまう…しかも毎日。

これって原因があるのでしょうか?親が気にした方が良いポイントなどあるのでしょうか?

今回は小学校に入学したお子さんが毎朝泣いてしまう原因や対策についてご紹介します。

一年生で毎朝泣く…どうして?気にしないといけないポイントは?

小学校一年生のお子さんが毎朝泣いてしまう最も大きな原因は

新しい環境に慣れていないということが考えられるでしょう。

幼稚園や保育園の時は大丈夫だったのに…というお子さんもいるかもしれません。

しかし幼稚園や保育園と比べて小学校はたくさんの環境が変化するのです。

まずは時間の使い方。

授業の時間、休み時間、掃除の時間など小学校に入学するとキチっと決められた時間の中で

生活しなくてはいけなくなります。

小学校にいる時間は自分の好きなように時間を使えなくなるので

違和感を覚えるお子さんもいるでしょう。

また小学校に入れば勉強するということが増えます。

宿題も出されるようになるでしょう。

今までになかったことがどんどん増えるので色々なことが重荷に感じてしまい、

小学校に行くのが嫌になってしまうということが考えられるのです。

自分自身でやらなくてはいけないことも増え、責任を持たなくてはいけないこともできます。

その環境の変化についていけなかったり、疲れてしまうと毎朝不安で泣いてしまうのでしょう。

大人になっても環境がかわると慣れるまでに時間がかかりますよね。

色々な経験を積んでいない小学校一年生の子供が環境の変化に対して

不安やストレスを感じることは当たり前のことです。

泣いてしまうということも珍しいことではないでしょう。

どういう対策をしたらいいの?

まずは何に対してお子さんが不安を感じているのかを理解してあげるようにしましょう。

出来る限り帰宅後学校でどんなことがあったのか話を聞くようにしてください。

スポンサードリンク

お子さんによっては学校を楽しめていなく、学校のことを話したくないという子もいるかもしれません。

そういったときはお子さんの友達に話を聞いたり、担任の先生に相談するようにしてみましょう。

きっと小学校一年生のお子さんを持つ親御さんで同じような悩みを持っている方も少なくないでしょう。

色々な子供たちをみている先生の意見はきっと参考になることがあるはずです。

お子さんが学校に行きたくない、そう感じている時のご家庭での対応もとても大切になります。

難しいことかもしれませんが、優しくしすぎても、厳しくしすぎても良くありません。

無理にいかなくてもいいよと優しくいってしまうと、学校は行かなくても良いところと

思うようになってしまいます。

学校に行くのは当たり前と怒ってしまうと余計不安な気持ちを逆なでして

ひどく泣いてしまうかもしれません。

妥協して○○買ってあげるから学校に行こうなどというと、

それを目的に同じような態度をとるようになってしまうかもしれません。

小学校についてしまえば案外平気で泣き止むというお子さんもいるため、

まずは小学校の校門まで一緒に行ってあげるようにしてみましょう。

小学校についたら先生に引き取ってもらったり、友達に待っていたりしてもらえたら

すんなり校内に入っていくこともあるでしょう。

小学校はたくさんの子供がいるため、わがままをいうこともできないですよね。

わがままを言いたくて朝泣いてしまっているのかもしれません。

友達や先生の前ではそういった泣いている姿やわがままを言う姿は見せたくない

というお子さんもいると思うのでまずは学校まで行くということに

慣れさせてみてはいかがでしょうか?

まとめ

学校に行くことに不安をおぼえるお子さんが決して少なくありません。

親御さんもそういった場面になっても慌てずに対処してあげるようにしましょう。

不安を解消するために沢山のコミュニケーションをとるように心がけ、

少しずつ不安を解消させてあげるようにしましょう。

時間が経てばきっと泣かずに学校に行けるようになるはずです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする