レギュラー車にハイオクのガソリンを入れたい!メリットとデメリットは?

スポンサードリンク

最近のガソリンスタンドはセルフスタンドが多く、自分で愛車に給油する機会が多くなっていま。

普段レギュラーを入れているのに、たまたま同じ車種に乗っているひとが、

ハイオクを入れているのを見かけてしまう事もあります。

レギュラー車にハイオクを入れても何の問題もないのでしょうか?

レギュラー車にハイオクのガソリンを入れたいけど本当にメリットってあるの?

レギュラー仕様の車にハイオクを入れたら何となくメリットがありそうな気がしますよね。

基本的にはレギュラー仕様の車両にハイオクを入れても、体感できるほどのパワーアップや

トルクアップを感じる事はありません。

ハイオクと言うとガソリン添加剤的な物が入っていると勘違いをしている方も多い様ですからね。

実際は添加剤と言うよりも洗浄成分が多く含まれているのがハイオクになります。

車のエンジンは、ガソリンに点火してシリンダーが動く事で動力を得ます。

この時にスラッジ(燃えカス的なもの)がエンジン内部に付着します。

これはどの車でも同じです。

ハイオクは洗浄成分が多く含まれている為にスラッジの除去を行う・予防をする事ができる程度です。

ではハイオク車の場合にはレギュラーを入れるとどうなるのか?と言う疑問が出ます。

ハイオクエンジンはハイオクガソリンの性能を利用してエンジン内の圧縮比を高めて

より性能を上げている為です。

そこにレギュラーガソリンを入れると、点火位置がずれたりする可能性が高くなり

ノッキング減少を引き起こしやすくなります。

あえてレギュラー車にハイオクを入れるメリットは、エンジン内部にガソリン噴霧する

インジェクション等のパーツ洗浄が出来ると言った所になります。

レギュラー車にハイオクのガソリンを入れた時のデメリットは?

ではレギュラー車にハイオクを入れるとデメリットは存在するのでしょうか?

正直デメリットはただ一つです。

ガソリンを入れた時の料金が高くなる!につきます。

スポンサードリンク

1L=10円程度高いだけですから満タン入れても500円程度の差しかありませんが、

その分余計に支払っている事になります。

レギュラー車はレギュラーガソリンに合わせてエンジンを調整してあると考えた方がわかりやすいでしょう。

ハイオクを入れたとしても、圧縮比は変わりません。

但し、ミスファイヤーを起こしにくくなりノッキングが少なくなる程度と思っていた方がいいでしょう。

逆にハイオク車にレギュラーガソリンを使用すると、シリンダーが一番高い位置で

発火しなくなる事になるので、ミスファイヤーが多くなり燃費や馬力にも影響を及ぼす事になります。

全ての車は、シリンダーがどの段階で点火さするのをコンピューター制御している為に、

ガソリンに発火する位置が決まっています。

シリンダーが最上位点に達した時に噴霧したガソリンは最大の圧縮した状態になっていますから

そこで点火をすることでパワーを生み出す事になります。

レギュラーの場合にはハイオクよりも点火する位置が若干早いのです。

レギュラー車はそれを見越してシリンダーの回転位置を合わせて点火させている事になります。

ハイオクを入れても点火する位置はレギュラー車の場合には変わりません。

レギュラー車にハイオクを入れ続ける為には点火位置をずらすようにコンピューターの

書き換えをしなければならなくなります。

そなるとレギュラー車でもハイオクと同じ様な圧縮比になりパワーが上がるとは思いますが、

何十万もかけて点火位置をずらす事のメリットは感じられません。

まとめ

レギュラー車にハイオクを入れるメリットとデメリットについて紹介してきました。

先ほども言いましたが、ハイオクには洗浄成分が含まれていますが、

レギュラーにもそれなりの洗浄成分が含まれています。

じゃ~何が違うのか?と言う所です。

ノッキングがするかしないかの問題しかありません。

ミスファイヤーをしにくいよ~と言うのがハイオク、ミスファイヤーはたまにするかも

と言うのがレギュラーと思っていた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする