雨の日に抱っこ紐で外出する時はどうする?注意点は?

スポンサードリンク

雨の日のお出かけは、気を使いますね。

特に赤ちゃん連れだと、どうやって出かけて良いか迷うところです。

うちの子はベビーカー用のビニールの覆いを嫌がるため、

雨の日は抱っこ紐を使っています。

今日は雨の日の抱っこ紐のお出かけについて、調べてみました!

雨の日に抱っこ紐で外出する時って雨からどのように赤ちゃんを守ったらいいの?

抱っこ紐用のレインコートか、子供用ポンチョが便利です。

小雨程度なら抱っこ紐にそのまま傘…でも大丈夫ですが、

強めの雨だと、そうもいかないですよね。

赤ちゃん用品専門店では、抱っこ紐専用のレインコートも売っています。

抱っこ紐の前面にかけて、使用するタイプや、脇から出ている赤ちゃんの足も

カバーしてくれるものまで、さまざまです。

ただ、専用品だけあって抱っこ紐をしている時の使用感は良いんですが、

抱っこ紐を卒業すると使えなくなってしまうものも。

私は、子供向けのポンチョを買っておいて、抱っこした子供にそのままかぶせています。

体の前にテルテル坊主がぶら下がっているみたい(笑)

で、装着した時にかさばりますが、ポンチョは抱っこ紐卒業後も使えますので、

良いですよ^^

また、ダッカ―付きのママレインコートですと、

抱っこ紐を卒業したらダッカ―を外してしまえば、

普通のレインコートとして使えます。

フードがないタイプのレインコートですと、赤ちゃんの頭が濡れてしまうので、

赤ちゃん用のレインハットも良いですね^^

大きくなって自分で傘をさすようになっても、幼児には傘が重いため斜めにさして、

結局頭が濡れてしまうことも良くある事。

レインハットがあれば、いちいち「傘をまっすぐに差しなさい!」と注意せずにすみます。

長く使えるので、一つあると便利です。

替えの衣類、タオルを持っていく

雨でぬれて赤ちゃんが風邪を引かないよう、外出先で着かえられるように、

替えの衣類、タオルは必須です。特に赤ちゃんの足は濡れやすいので、

冷やさないように靴下は持っていてあげてください。

スポンサードリンク

防水&手が空くものを

雨の日は防水用の、リュックサックかショルダーバックの斜め掛けが使い勝手が良いです。

傘を貸している時点で片手がふさがってしまいますので、

傘よりもレインコートの方が、両手があくので良いですよ。

リュックの上からレインコートを羽織れば、荷物も濡れずにすみますね。

足元は滑りにくい&脱ぎやすいものを

靴ですが、抱っこしていて転んだら大変!

かかとの低い、レインシューズを履きましょう。

ブーツだと、抱っこしたまま靴を脱ぐのが大変です。脱ぎやすいものを。

雨の日に外出時に注意することは?

ビニール袋を用意する

濡れたものを入れるビニール袋を、たくさん用意しましょう。

防寒する

雨で濡れて、赤ちゃんが風邪を引かないように気をつけましょう。

特に首の後ろあたりと足先が、冷気が入って冷えるポイントです。

寒い日は、ネックウォーマーやレッグウォーマーなどで守ってあげましょう。

湿気、熱がこもらないように注意する。

雨の日は湿気で熱気がこもります。

熱気がこもると、汗をかいてあせもの原因にもなります。

機嫌が悪いようでしたら、熱気がこもってないか確認しましょう。

背中辺りを触って、暑くないかチェックしてください。

蒸れる日は靴下を脱がせるなど、体温調節をしてあげてくださいね。

外出前に移動経路をチェックする

出かける前に、

  • 赤ちゃん抱っこで出かけられるところか
  • 雨ですべりそうな危ない道はないか
  • 目的地で濡れたものは着替えられるか

などをシュミレーションしてみてください。

本当はドアートゥドアが良いのですが、なかなかそういう訳には行きませんよね。

すべりそうな階段は避けて、エレベーターやエスカレーターを使うなど、

あまり無理をせず目的地まで行ける様に、あらかじめ考えておきましょう。

いかがでしたか?

雨の日のお出かけは大変ですが、予防接種など、そうもいってられない用事もありますよね。

楽しく過ごしたいものです。

ご参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする