シュレッダーが使える場所はどこ?コンビニとかではできないの?

スポンサードリンク

会社では、いらなくなった書類を始末するためにシュレッダーを使用しますが、

家庭の場合では、シュレッダーを購入するまでは必要がないが、

不要な紙が溜まった場合にシュレッダーで処理したいと言う場合も

当然出てきます。

そんな時に、コンビニのコピー機のように気軽に使えるシュレッダーが

置いてある場所は有るのでしょうか?

シュレッダーが使える場所ってどこにあるの?コンビニとかではできないの?

会社のようにちょっとした書類や数字が書かれている書類などは

シュレッダーにかける事をしています。

家庭ではそれほど、重要な書類などはほとんど無い様な気もしますが、

意外と個人情報やレシート等で家庭の状況がわかってしまったりしてしまう物です。

そうなると、手でビリビリに破くと言う方法も有りますが、

そう言う類の物は溜まりやすい物です。

一気に片をつけたい!と言う場合にはシュレッダーが一番です。

自宅で個人事務所的な事をしていればシュレッダーがあってもいいと思いますが、

一般の家庭ではシュレッダーの必要性を考えた場合には、

それほどの稼働率にはならないでしょう。

そうなると、気軽にシュレッダーを行える場所があればと思ってしまいますよね。

コピーをする場合はコンビニに行けばコピーができますが、

シュレッダーはコンビニでも見かける事は有りません。

一般の方を対象としたシュレッダーを使用させてくれる場所は、

調べた限りでは存在はしていません。

シュレッダーを使う場合の料金設定や紙くずのごみ処理費用の問題等が

ある為にコンビニなどでも設置されていない状況と考えた方が、話の筋が通ると思います。

シュレッダーをするなら自分の所でごみも出してくださいと言う事が大きいのではないでしょうか。

シュレッダーがない時に代用ができるものってあるの?

一般の方がシュレッダーを使える場所が無いと言う事がわかった所で、

シュレッダーに変わる物が無いのか?と言う事が疑問に思えてきますよね。

スポンサードリンク

>シュレッダーの代用に使える物

<シュレッダーハサミ>

ハサミの刃がいくつも付いている物です。

100円ショップや文具置き場などで見かけた事があると思います。

シュレッダーのように細切りに切る事ができるアイテムです。

<パンチ>

書類などをファイルにとじるために穴開けをする道具です。

このマル穴を個人情報が書かれている部分に当てて穴をあけるだけです。

手間が掛かりますが、確実に個人情報は丸く抜けるはずです。

<マジック>

ハサミもパンチも面倒と言う方は、黒の油性マジックで個人情報を塗りつぶして、

燃えるごみの日または、資源ごみの日に出せます。

確実に塗りつぶすのが条件ですが、どこかのお役所の書類のように

黒く塗りつぶしてしまえば誰も読む事すらできません。

<ネームオフ>

これは見た目はホッチキスですが、直径6mmの穴をあけてくれる物が、

商品名の通り、名前や個人情報部分を簡単に穴開けがすることができます。

<書類溶解サービス>

シュレッダーの代用品とはかなり違いますが、段ボール箱に入る位、

個人情報が出る家庭には便利なサービスです。

段ボール箱に書類を詰めて密閉してその会社に送るだけで確実に

書類を粉砕してくれます。

紙ごみのリサイクルに使用するための回収業者の様なものです。

費用は若干かかるのと、本当に大丈夫なのか?と思う方は

止めておいた方がいいかもしれません。

まとめ

家庭で出る個人情報などをシュレッターにかける事が出来る場所があるのか

について紹介してきました。

自分で持ち込んでシュレッターをしてくれる場所はどうやら無さそうです。

先ほども紹介しましたが、シュレッターの使用料やごみ処理がネックの様です。

シュレッターの代用品となるとやはり、手動の類が多くなってしまいますから、

それならば、使う頻度が多ければ、家庭用シュレッターを購入してもいいのかもしれませんね。

買ったら買ったで、置き場に困ったり、音がうるさかったりしますから、

一長一短と言った所では無いでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする