雨の日に洗車する方がいいって聞いたけど本当なの?

スポンサードリンク

車を洗車する時は、皆さんどんな天気の日を選んでいますか?

多くの方は、快晴又は薄曇りの日を選んでいるかと思います。

でも、これってホントに正しいのか疑問を持った事は有りませんか?

雨の日に洗車した方が、簡単に洗車ができそうな気持ちもしますよね。

でもそれって正しい洗車の方法なのでしょうか?

雨の日に洗車した方がいいって聞いたことがあるけど本当なの?

雨の日に洗車をする方をたまに、ガソリンスタンドなどで

見かけることがありますが、雨の日に洗車をする意味と言うのが

あるのでしょうか?

そのスタンドなどで雨の日に洗車をしている方にとっては

何らかのメリットが無ければ洗車はしないはずですよね。

雨の日に洗車をする事によるメリットを考えた場合に一番に考えられるのが、

ボディの汚れを落としやすい事です。

雨に寄って汚れが浮きあがってくるので、糞爆や虫の激突後などは

簡単に取れてしまいます。

他には晴れ日の洗車では、必ずと言っていいほど、

拭きあげ作業をしなければなりませんよね。

これが意外と一苦労なのです。

それが雨の日で有れば、拭きあげる作業をしなくても済みます。

また、雨の日は空気中にチリやほこりが舞っている事はなく、

雨粒に不純物が含まれることも少ない為に、比較的車の汚れを落とすのには

雨の日は最適と言えます。

車のエクステリアの汚れだけを落とす場合には雨の日に行っても問題は無く、

むしろ汚れが落としやすいと言う事です。

雨の日に洗車する時の注意点とは?

雨の日に洗車をすることで、エクステリアの汚れが意外と綺麗に落とす事が

出来ると言う事がわかったと思います。

また拭きあげ作業も省略できると言うメリットもわかりました。

しかし、この雨の日洗車でも注意しなければならない事も有るのです。

汚れを落とす時に、雨の水だけでスポンジなどで、擦ってしまった場合には、

擦り傷が発生する可能性があります。

スポンサードリンク

良く考えてください。雨の水だけでホコリや土埃などは流れてしまって、

車はいつでもピカピカのままだとは思いませんか?

そうです、雨の水の勢いだけでは、ボディのホコリや土埃などは流されずに

そのまま定着してしまっているのです。

まずボディを洗う場合には水道水でカーシャンプーを使用して

汚れを落とす事が重要です。

それじゃ普通の洗車と変わらないのでは?と思ってしまいそうですが、

拭きあげ作業が無い分楽になっているのです。

他には、ワックスがけやコーチング財を塗布したい場合には、

雨の中では行う事ができません。

ワックスはビチャビチャになってしまって使い物にならなくなってしまいます。

コーティング剤を塗布してもそのそばから、雨の水が綺麗に流してくれますから、

やっても効果は得られないと言う事になります。

この他には、雨の日に洗車をしている事で、

近所から「○○さんの旦那さんついに頭に来ちゃったみたいよ~」

なんて井戸端会議の話題の人物にもなりかねません。

雨の日に洗車をする場合にはレインコートを着て行う事をお薦め致します。

また、雨に打たれると言う事は、体にも多少の影響が出る可能性もある

と言う事を忘れないでください。

雨の日に洗車をして車は綺麗になったが、翌日風邪で寝込んでしまった

なんて事もありえる話ですからね。

まとめ

雨の日に洗車をすることは問題がないのか?について紹介してきました。

実際海外では、雨の日に洗車をする方が多い国も有るようですから、

一応は利にかなっているとは思います。

夏場の炎天下で洗車をする方もいますが、体にも悪いですし、

車の塗装にもいい影響は有りません。

雨の日に洗車を完璧にはお薦めはしませんが、

できれば曇りで気温がある程度低いうちに洗車をするのが一番いい様な気がします。

洗車も車と同様に人それぞれのやり方がありますから、

一概にどれがいいとはいえないのが、この自己満足の世界観なのです。

車に関する物は全てが自己満足の世界ですから、周りがとやかく言っても

本人が納得していれば問題は無いと言う事ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする