飛行機に乗る時にパソコンって荷物で預ける方がいいの?それとも預けると危険?

スポンサードリンク

仕事で出張に出かける時に、モバイルパソコンやノート型パソコンを

持っていかなければならない時って有りますよね。

飛行機に乗る時に手荷物の重量規制がある場合に、

パソコン関係を飛行機会社に預けた方がいいのか?迷ってしまいますよね。

パソコンを飛行機会社に預けても大丈夫なのでしょうか?

飛行機に乗る時にパソコンって預ける方がいいの?そもそも荷物で預かってくれるの?

飛行機に乗る前にチェックインカウンターで手荷物として持ち込むか、

飛行機会社に預けるかを決定しなければなりません。

スーツケースなどにパソコンなどを入れている等と言う場合も有りますよね。

でも国内線での荷物の取り扱いは非常に丁寧にされている会社が多いですが、

海外線の場合には、スーツケースの扱いはかなり危険度が高いと言う事を

知っておく必要があります。

海外の空港でのスーツケースの扱いは投げたりするのが当然と

思っていた方がいいでしょう。

中にはカギが壊されている場合もあって中身の心配もしなければなりません。

と言う事は、パソコンを持って飛行機に乗った方がいい事になります。

日本航空ではパソコン類の貴重品は自分で管理してくださいと言っていますので、

手荷物として飛行機に持ち込む事になります。

よくよく考えて見れば確かにそう思いますよね~

パソコンを預けて壊されたり、盗まれでもしたら、自分のクビは確実でしょうし、

会社もかなりの損失なんて事も有りますからね。

そう言う事も考えた場合には、確実に手荷物として機内に持ち込んだ方が

自分の安心できますよね。

パソコンを手荷物で持ち込んだ時の注意点ってあるの?

パソコンを手荷物と持ち込む事がわかったと思いますが、

次は機内に持ち込んだパソコンの扱いが問題になります。

まず機内に持ち込める手荷物の数と重さが各航空会社で決められていいますから、

その範囲内の規格(座席総数によってケースの3辺の合計が100cm以内

スポンサードリンク

又は115cm以内と違っています)でかつ重さも10キロ以内となっています。

このサイズよりも大きいキャリーケースを持ち込む場合は別途料金が掛かります。

機内に持ち込んだキャリーケースは基本的には、窓側の上にある荷物入れに入れます。

飛行機が揺れたりした時に中身が動かない様に収納する事になります。

またパソコン専用バックであれば、自分の足元のスペースに置くなどすることができます。

但し、隣の席の人が居ない?ラッキーと思って、その座席に自分の手荷物を

置いていると確実に、キャビンアテンダントさんに注意を受ける事になります。

また国内線でも飛行機の大きさによって手荷物を持ちこめる大きさが

違っている可能性もあるので、チケットを購入する時に確認をしておいた方がいいでしょう。

また国際線の場合には国内線よりも手荷物の制限が厳しい場合もあるので、

こちらもチケット購入時に、確実に確認しておきましょう。

当日チェックインの時に慌ててしまっては元も子もありませんから、

事前にパソコン類は預ける事はしないで手荷物にすると言う事を

意識して荷物を揃えた方がいいでしょうね。

まとめ

飛行機に乗る時にパソコンを飛行機会社に預けた方がいいのか?

について紹介してきました。

現在日本の国内線では大手航空会社の他にLCCの航空会社が存在しています。

荷物の取り扱いは、基本的には同じなはずですが、職員に寄っては

取扱いが乱雑になる場合もあるでしょう。

その様に自分が見ていない所は、さすがに精密機器類を預けるのは危険と

考えた方が一番です。

但し、手荷物の大きさや重量制限もありますから、機内に持ち込む際には

重量にも注意をする必要があります。

仕事で飛行機に乗る場合にはパソコンなどは、肌身離さずが、鉄則でしょうね。

もしかしたら、あなたのパソコンを狙っているライバル会社の営業マンが

近くにいるかも知れませんしね。

とりあえずは、パソコンは知らない人に渡さない・預けないと言うのが

いいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする