雨の日のウォーキングの服装ってどうしたらいいの?

スポンサードリンク

脂肪燃焼、血流改善、病気の予防など様々な効果のあるウォーキング。

出来れば雨の日でもウォーキングを行いたいけど、

どんな服装で行くのがベストなのでしょうか?

また雨の日にウォーキングを行う上での注意点などはあるのでしょうか?

今回は雨の日のウォーキングの服装や注意点についてご紹介します。

雨の日にウォーキングするときってどういう服装が良いの?

雨の日に外に出る場合、雨除けをするというと傘を使う方が多いでしょう。

実際に雨の日傘をさしながらウォーキングしているという人も少なくないようです。

でもウォーキングには腕振りも大切だと聞きます。

傘をさしながらウォーキングすることは効果的にはどうなのでしょうか?

調べたところ、傘を持ちながらウォーキングする場合、

歩き方や姿勢を意識すればしっかり効果は得られるようです。

ポイントは

「傘の柄の曲がった部分を進行方向に向けること」

「脇をしっかりしめて肘を身体に寄せ、傘を立たせること」

です。

傘が視界を遮ると危険が伴います。

とくに傘を立てるということは意識しながら歩くようにしましょう。

柄などが付いているものより透明のものを選ぶ方が視界の

妨げにはならないので良いでしょう。

傘を持ちながらウォーキングするのは、邪魔にもなるのでちょっと…

という方にはレインコートを着用するのがおすすめです。

傘を持たないので、腕振りもしっかりできるため、キビキビ歩くことが出来ます。

レインコートにはウォーキング専用レインコートというものが販売されています。

中でも透湿性、防水性に優れているものを選ぶと長時間着ていても蒸れが少ないため、

雨の日でも快適にウォーキングを行うことが出来ます。

レインコートだけでは足元は覆うことが出来ません。

靴も防水性のあるものを選ぶようにしましょう。

ただし、防水効果があるものでも完全に雨を防げるわけではありません。

スポンサードリンク

防水スプレーをふきかけておくと防水性をより高めることができるのでおすすめです。

雨の日にウォーキングをする時の注意点は?

雨の日にウォーキングするときに1番気をつけたいのは

身体を濡らして冷やしてしまうことで、体調などを崩したりしないように

するという点です。

健康のためにやっているのに、体調を崩してしまっては意味がないですよね。

必ず雨除けのために傘をさしたり、レインコートを着るなどのことは

するようにしてください。

それでも濡れてしまうことはあるでしょう。

そうなった場合は、ウォーキング後濡れた服はすぐに脱ぎ、タオルなどで

しっかり身体を拭き取りましょう。

かなり身体が冷えている場合は入浴するのも良いでしょう。

そのままでいるということは絶対にしないでください。

靴やレインコートなどもまたすぐに使うかもしれません。

濡れたままにせず、すぐに乾かすようにしましょう。

雨の日は運転しているドライバーも視界が悪くなります。

そのため事故に合う危険性も高まります。

傘をさす場合も、レインコートを着る場合も、必ず明るい色を選び、

雨でも目立つようにしましょう。

雨の日は路面が滑りやすくなっているため、晴れの日に比べて

注意して歩かなくてはいけません。

もしかなりの大雨だったり、強風を伴う日は、自宅で出来る運動に

変えてみるのも良いのではないでしょうか。

ウォーキングは継続して行うということがとても大切です。

しかし雨の日は体調を崩したり、けがをしてしまうリスクも高まります。

まずは雨の状況をしっかり確認してからウォーキングするか考えましょう。

雨の日にウォーキングをするのであれば、身体が濡れないように

対策をとってから行うようにしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする