子供服のお下がりが欲しい時の上手なお願いの仕方とは?お礼はどうする?

スポンサードリンク

子供ってどんどん成長しますよね。

せっかく新しい服を買ってもすぐ着られなくなってしまうなんてこともしょっちゅう。

その都度洋服を買うのも結構な出費なんですよね。

出来ればお下がりとか欲しいけど、どんな風にお願いしたら良いのでしょうか?

お下がりをもらった場合にはお礼はそうすべきなのでしょうか?

今回は子供のお下がりが欲しい時の上手なお願いの仕方についてご紹介します。

子供服のお下がりが欲しい時の上手なお願いの仕方とは?

少し前まではお下がりをあげたり、もらったりするのは当たり前に行われていました。

でも最近ではあげる側も趣味が合わなかったら申し訳ない、汚れているからあげるのはちょっと…など様々な理由から、あげることを躊躇しているひとも多いため、お下がりをあげるということも減ってしまっているようです。

そうなると欲しいと思ってもなかなか言い出せなかったりしますよね。

お下がりをもらいたいけど言いづらい、そんな悩みを持っている人も少なくないようで、質問サイトなどでもお下がりをもらう方法についてたくさんの質問が書き込まれていました。

お下がりをもらう側、あげる側、両方の意見を参考に、お下がりをもらうポイントをまとめてみました。

まずあげる側の意見を参考にすると、あまりにもお下がりを催促されると不快に思う、という意見が多く見られました。

2人目を考えているとあげることもできないし、断るのも面倒。あげる側にも様々な考えがあるようですね。

ではどうしたらお下がりをもらうことが出来るのでしょうか?

ポイントは関係性です。関係性の深い人に頼むのがベストのようです。

スポンサードリンク

例えば兄弟姉妹、親戚、仲の良い友人。

そういった人に頼むと頼みやすいですし、もらいやすい傾向にもあるようです。

関係性が深いのであれば、“いらない服(着ない服)あったらもらえると助かるな”などストレートにお願いするのも問題ないでしょう。

この言い方は関係性が深い人にしかできない言い方です。

相手を間違えると不快な思いをさせてしまう場合もあるので、必ず関係性を見極めてからお願いするようにしましょう。

お下がりをもらう1番のベストな方法は関係性の深い人にお願いするということです。

忘れてはいけないことは、催促しすぎると不快にも思われてしまうということ。

お願いできる人のみにお願いをし、あとは向こうから言ってくれるのを待つようにしましょう。

子供服をもらった時のお礼はどうしたらいい?

もし子供服のお下がりをもらった場合、関係性にもよりますが、なるべくはお礼はすべきといえます。

この先より良い関係性を保つためにも、という考えもあるようです。

でもいったいどのようなお礼をしたらいいのか、経験がないとわからないものです。

そこで体験談をもとに調べてみたところ、1番定番をされているのが“お菓子の詰め合わせ”でした。

お下がりをもらうということは、相手方にもお子さんがいるということですよね。

お子さん含め家族全員で食べることのできるようなお菓子をお礼として渡す方が多いようです。

もしお子さんのアレルギーなどが心配な場合は商品券や図書カードなども人気のお礼の品だそうです。

金額としては1000~2000円ほどが相場とされています。

お子さんのお下がりなので、お子さんを中心に考えたお礼が多いようですね。

お下がりはもらえると嬉しいですが、最近の傾向としてはあまり自分からは催促はしない方がいいようです。

もしお願いするのであれば関係性をしっかり考えてからお願いするようにしましょう。

もしお下がりをもらったならお礼もするようにしましょうね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする