幼稚園のマラソン大会…どんな練習すればいいの?家庭でできる練習法!

スポンサードリンク

幼稚園で初めてのマラソン大会のお子さんや

2回目のマラソン大会を迎えるお子さんを持つ親にとって、

マラソン大会の練習をするべきかどうか悩むところでしょう。

幼稚園ではもちろん練習しているのでしょうが、

家庭でもなにかしておいたことがあるのでは?

と思いますよね。

マラソン大会の練習方法について、少し紹介していきます。

幼稚園でマラソン大会に備えて家庭でできる練習法ってあるの?

幼稚園児できちんとマラソンの練習をするのは

はっきり言って難しいでしょう。

注意は逸れますし、ふざけてちゃんと走ってくれなくて

イライラすることも。

でも、まだまだ身体が出来上がっていないのと集中力がないので、

そこまで求めるのは無理なのかもしれません。

それでも、幼稚園のマラソン大会で最後まで何があっても

走りぬくことが大事ということは教えられます。

幼稚園のマラソン大会は、身体作りもですが、

途中で投げ出さない忍耐力を育てることが大事なのではないかと思います。

幼稚園くらいのお子さんがスポーツが好きで走ることは

誰にも負けたくないという思いがあれば、

きちんと練習になりますが、こどもにも得意不得意がありますから、

出来ない苦手な子もいます。

こどもの気持ちに寄り添ってあげてください。

幼稚園でみんなとだったら走るということもありますので、

そのときのために家庭で身体作りを主にしてあげましょう。

身体作りとは、柔軟体操と外遊びです。

股関節を柔らかくしておくとケガの防止になりますし、

キレイなフォームで走れることにも繋がります。

あとは、長時間動くことに慣れることです。

マラソンは長い距離を走りますし、

寒い時期に行われるものですから、

寒さに負けずに外に出て遊びましょう。

そこからお子さんの興味が出たら、

ウォーキングから始めてみましょう!

距離を決めて、まずはウォーキングを。

そこからちょっと走ってみようかと思えばこっちのものです!

根気が大切になります。

スポンサードリンク

柔軟体操、外遊び、ウォーキング。

この3つがご家庭でもできる練習法ではないかと思います。

練習する時の注意点って何かあるの?

基本的には大人が練習するときの注意点と

さほど変わらないように思います。

まずは、サイズの合わない靴をはかせない。

靴擦れになりますし、幼稚園くらいのお子さんだと

将来トラブルのある足になりかねませんので、

足にあった運動靴で走らせるようにしましょう。

走ることは体に負担がかかるスポーツです。

なるべく一日走ったら一日休むようにして休息日を入れましょう。

外遊びや柔軟体操は毎日して大丈夫です!

それに、必ずいきなり走ることはやめましょう。

体が冷えた状態だとケガをしやすくなりますので、

十分に体を温めてから走りましょう。

あまり親が練習練習と気張ってお子さんが

気負いしないようにしましょう。

無理強いは禁物です。

出来ることから始めましょう。

筋肉トレーニングをしすぎると骨の成長を妨げるとか。

骨格がまだ未熟なので、小さいお子さんの身体に負担になります。

トレーニングはほどほどに、公園遊びやボール遊びをたくさんしましょう。

持久力を鍛えるのであればスイミングとかもいいかもしれません。

身長が伸び悩んでします原因になったりするみたいですので、

トレーニングのし過ぎには注意しましょう。

まとめ

大人でも走ることはきつくて嫌なものですよね。

でも、お子さんには嫌なものきついものと

マイナスイメージだけ持たれないような工夫が必要なのではないでしょうか。

体を動かすことは楽しいことと思ってくれるようになるか、

嫌だけどやり遂げる根性がつくかどうなるでしょうか。

親として、幼稚園のマラソン大会の応援に力が入りますね。

マラソン大会のお子さんの勇姿楽しみですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする