公立小学校の学費って毎月いくらぐらい?入学時や卒業時の費用は?

スポンサードリンク

子どもが小学校に入学。

うれしいけど小学校に入学するときって

どのくらいの費用がかかるの?

毎月の学費っていくら?

などお金に関する悩みも沢山ありますよね。

私立の学校に比べると安いとは言うけれど

どのくらいの学費がかかるのか調べてみました。

公立小学校の学費とその内訳は毎月いくらぐらいなの?

私立の学校は高い。そういうイメージありますよね。

それに比べると公立は安い。

これは間違っていませんが、

決して公立でもあまり金額がかからない

ということではありません。

学費が足りない、払えない…そんなことがないように

かかる費用はしっかり把握しておきましょう。

小学校の学費の内訳は大きく分けると

授業料、学校教育費、給食費となります。

学校教育費とは、修学旅行や遠足や社会化見学などの

校外授業にかかる費用や図書室や実験・実習などの備品にかかる費用、

入学費、PTA会費、学校給付金などが含まれています。

小学校の学費は自治体や学校、またその年によって異なります。

今回は平成24年に発表されている資料を基に細かい学費をご紹介します。

まず授業料ですが公立小学校の授業料は無料です。

私立の学校に比べると安いというのは

この授業料が大きいでしょう。

私立の小学校になると年間数百万円はかかるそうです。

次に学校教育費。年間で見ると学校教育費は55,197円。

給食費は年間42,035円。

年間でかかる金額の合計は約10万円ほどになります。

月で見ると約1万円ほどの学費が必要になるということです。

学校にかかるのは以上の金額ですが、

近年では学校以外で塾に通ったり、

習い事をしている子どもは増えてきていますよね。

習い事をしているお子さんの平均の費用は月に2万弱。

実は小学校の学費よりもかかっているんです。

もし小学校に入学後習い事をさせたいとお考えのようでしたら、

小学校にかかる学費だけでなく、習い事のかかる費用も計算して、

考えておくことがベストでしょう。

スポンサードリンク

公立小学校の入学時や卒業時の費用はどのくらいかかるの?

入学式に必要な費用は入学するために

購入しなくてはいけないものをそろえるために必要となります。

小学校入学時に必要なものとその費用は

ランドセル…4~15万

文房具一式…約5,000円

体操服・帽子・上履き・防災頭巾・手提げかばんなど…約25,000円

制服(制服指定があれば)…約15,000円(学校によって異なります)

他に勉強机などを購入する予定であれば、

更に10万円くらいは必要となるでしょう。

もし入学費用を少しでもおさえたいとお考えでしたら、

お下がりをもらうのが1番です。

どうしてもお下がりでは使えないものもありますが、

お下がりで十分なものも沢山ありますので、

友人やご近所さんに相談してみるのも良いでしょう。

卒業時に必要な費用は中学校入学にかかる費用です。

小学校を卒業するために費用がかかるということはありません。

但し、卒業式できる服装に対しては費用がかかります。

最近では女の子の場合、袴を着るという子も増えてきています。

卒業式に着るだけのため、レンタルされるご家庭がほとんどですが、

袴はレンタルでも約2万~5万円はかかるといわれています。

スーツを着用する場合でも1~2万円はかかるそうなので、

覚えておくと良いでしょう。

中学校にかかる費用は

制服、体操服、文房具、カバン、上履き、通学シューズ、

体育館シューズ、文房具などで

総額10~20万円は必要となってくるそうです。

また中学に入学すると部活動に入部することとなると思います。

入学時に必要な費用とは異なりますが、

部活に入部すると部活内で必要なものも購入することになるでしょう。

まとめ

お子さんが成長するほどに沢山のところに

いろいろな費用がかかってきます。

親御さんとしては大変かもしれませんが、

全ての金額がお子さんの成長にとって欠かせない金額でもあります。

お下がりをもらうなどの多少の節約は出来ますが、

大幅にお子さんにかかる費用を削減することは出来ません。

ご夫婦でかかる費用をしっかり把握し、

計画を立てながら生活をしていきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする