自転車のブレーキの修理代ってどのぐらいかかるの?修理内容によって違う?

スポンサードリンク

自転車のブレーキ修理代ってどれぐらいかかるのでしょう?

修理内容によって値段は違うのでしょうか?

詳しく調べてみました。

自転車のブレーキ音がうるさい、ゴムの交換、ブレーキの交換等によって修理代が違うの?

自転車ブレーキの修理

自転車のブレーキは自転車に乗る上で、

最も大切なものとなります。

安全に自転車に乗っていくためには、

常時しっかりとブレーキの利いた状態をキープしていく

必要があります。

少しでも調子が悪い場合は、早めに修理に出しておきましょう。

①ブレーキ調整 前輪 450円程度

後輪 500円程度

②ブレーキゴム交換  680円程度

ブレーキ以外も調べてみました。

(例)ママチャリタイプの自転車の修理関係一覧(標準)

・かごの取り付け      300円

・子供同乗いす取り付け   500円

・キャリア取り付け     300円

・スタンド取り付け     300円

・パンク修理 前輪     800円

・パンク修理 後輪     1000円

・ペダル交換        500円

・サドル交換        300円

・グリップ交換       300円

・ハンドル交換       1200円

・泥はね取り付け           500円

・防犯登録               500円

※自転車の種類や使用部品のグレードによって異なります。

パンクは、自転車の故障のなかで一番多く、

タイヤ、チューブの状態によって修理内容が異なります。

また、チューブに小さい穴があくことやタイヤとチューブ両方の

交換になったりと結構費用もかかります。

自転車チューブの修理

①チューブ修理費  1,000~2,000円程度

②自転車のチューブの交換 前輪1,200円

後輪 1,800円

③自転車タイヤ交換     前輪 1,200円程度

後輪 1,800円程度

スポンサードリンク

自転車チェーンの修理

自転車のチェーンは自転車の修理の中で最も多く、

汚れ方も激しい部分となります。

ある程度使用していくと、だんだんとチェーンがゆるみ、

交換の必要がでてきます。

①自転車のチェーンのはずれ修理 1,500円前後

②自転車のチェーンの調整のみ  600円前後

③自転車のチェーン交換    1,400円~2,500円程度(種類により相違)

自転車の修理もそれぞれの部分毎に修理をしていると、

費用もかさみます。

自分で自転車の修理するいい方法があれば、

チャレンジしてみたいですよね。

自転車のブレーキを自分で修理するってできないの?

自転車の修理の中でも手軽にできそうな所なども

コツをつかんで直していけるといいですね。

何かいい方法があるのでしょうか?

自転車のパーツの値段の相場としては、

とても幅が広いのですが

あなたがこれから自転車と長く大切にしていきたい

と思うようであれば、パーツとなる道具については、

自分で手に入れて修理などを行っていくと

手軽に自転車のメンテナンスを行うことができます。

ネットなどでパーツは安価で取り寄せることができます。

パーツの型番などしつかりと確認しておくことが大切です。

自転車の箇所によって修理の仕方や取り替えの方法などを

ユーチューブの動画など確認しながら作業を行いましょう。

一度しっかりとメンテナンスをしておくことで、

その後の修理の度合いは、驚く程減り、

自転車のメンテナンス代金を抑えることができます。

まとめ

あなたが自転車の修理についての知識をしっかりと持ち、

発生していくトラブルにも細かく対応していくことで、

長く自転車を維持できます。

ネットやユーチューブなどの動画を使って、各パーツの部品を取り寄せて、

修理の仕方などを研究していきましょう。

画像での解説やユーチューブの動画などを参考に

手順通りに行っていくと、

あなたが思っていたより簡単に修理をすることができます。

壊れてしまったブレーキなども、

部品を取り寄せて直すことができるでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする