コインランドリーの乾燥機って縮むのが激しいの?防止策は?

スポンサードリンク

コインランドリーの乾燥機ってどうなんでしょう?

雨が続いたり、冬の乾きが悪い時などは

コインランドリーの乾燥機も考えてみたい・・

ですが乾燥機を使うと衣類が縮んでしまうとも聞きます。

詳しく知りたいですね。

そこでコインランドリーの乾燥機について

いろいろ調べてみました。

コインランドリーの乾燥機を使うと結構縮んじゃうの?

あなたのご自宅の近くにあるコインランドリー、

雨の日などとても便利ですよね。

ですがこのコインランドリーの乾燥機を使うと

衣類が縮んでしまうことがあります。

そこには衣類が縮んでしまう理由があるようですが

何かいい対応の仕方はないのでしょうか?

乾燥機で衣類が縮む原因

繊維は、製造過程において延伸という

処理がされています。

仕上がりの過程で強い力で引っ張る力が

加えられます。

こうすることで繊維の中にある繊維素が

配列された状態となり、より丈夫な繊維となっていきます。

こういった過程を経て製造されている衣類は、

何かがきっかけとなるととたんに元に戻ってしまう性質があります。

乾燥機で乾燥させるという作業は、

繊維素にとっては元に戻るための

きっかけとなってしまうため、

乾燥機の中でただ元に戻っているだけなのですが、

通常でいう縮むといった現象が起きてしまうのです。

コインランドリーの乾燥機を使う時の縮み防止策はある?

縮み防止策

衣類が急速に冷やされる過程で縮んでしまいます。

スポンサードリンク

その為には・・

①乾燥機にかけたとき、仕上がりよりも

やや早めの状態で衣類を出しておきましょう。

縮みを防ぐためには、乾燥をする時間を短めにするといいでしょう。

②脱水を短めにしてから乾燥機に入れるようにしましょう。

具体的な方法として

①標準の量の衣類を30程度の時間で乾燥機にかけます。

②30分程度で、一度まだ生乾きの状態で乾燥機から出し、

そのまま自宅へ持ち帰り、室内でまたは外の物干しで自然乾燥させます。

早めに乾燥機から取り出すメリット

①衣類の縮みを防ぎやすい。

②やや生乾きでも最初から乾燥させるよりは、

仕上がりの乾燥までの時間を短縮できる。

③早めに乾燥機から出すことで、電気代の節約ができる。

④衣類のしわなどがつきにくい。

乾燥機で縮みまたはトラブルがでやすいもの

①ニット製品

②本革

③絹製品

④ナイロン製品

⑤レーヨン素材のもの

⑥綿や麻などの衣類

⑦浴衣

大切な衣類などは取り扱いに十分に注意する必要がありそうです。

乾燥機にかけてもOKなもの

①ポリエステル

乾燥機にかけても全く縮みを気にしなくていいものに

ポリエステルの衣類があります。

さらっとした感触はそのまま残り、乾燥しやすい素材となっています。

②タオル

タオルなどは乾燥機にかけても、

タオル独特の風合いを残したまま、

ふんわりとした仕上がりとなります。

ブラウスなどのポリエステル製品やタオルなどには乾燥機は適しているようですね。

乾燥機を使う衛生上のメリット

①ペットなどの臭いが気になるときの脱臭効果

②ほこりが気になる時のダスター効果

③夏の湿気の時などの殺菌効果

じゅうたんや毛布など、ペットなどの臭いが

ついてしまった場合、または殺菌効果を

求めたい場合などは、乾燥機は効果的な働きをします。

まとめ

いかがでしたか?

冬など晴れていてもなかなかすっきりと衣類が乾かない・・

乾くまでにとにかく時間がかかってしまう・・

室内にいつも洗濯物を干していないといけない・・

こんなお悩みも乾燥機を使う際の注意点や、

乾燥機を使うときに衣類が縮んでしまわないための

ポイントなどを押さえておくことで、

安心して乾燥機を使いこなすことができ

冬でも洗濯物をすっきりと乾かすことができます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする