P.SとP.S.どっちの表記が正しい?P.P.Sとは?〇〇での使用はNG!?

スポンサードリンク

インターネットが普及し始めてからの

連絡用ツールとして欠かせなくなっているのがメールです。

手紙と同様な使い方が出来る為に用件を書き終わった後に、

追伸としてP.Sと追記してくる事もかなりあります。

中にはP.SだけではなくP.S.だったり、

P.P.Sと表記されてくるケースもあります。

この使い方や意味には一体何があるのでしょうか。

正しい使い方を調べてみました。

P.SとP.S.どっちの表記が正しいの?P.P.Sって何?意味は?

このP.SとP.S.の英語表記を知らないことには

問題の解決には至らないです。

この英語表記はPostscriptになります。

意味は今まで通りの「追伸」や「追記」と言った意味になります。

ではP.SとP.S.ではどちらの表記が正しいのか?

と言う事になります。

結果的に言ってしまえば、P.S.が正解になります

英単語の省略形には最後にピリオドを打つのですが、

この最後に打つピリオドは確実に付けている事になり、

PとSの間だけにピリオドを打つ事はしていないです。

但し、英語圏での使い方になるので、

使い方はいろいろあるようで

PS

ps

P.S.

p.s.

の4種類が英語圏で使われている様式になります。

本来は、P.S.が正しく、P.Sと言う書き方はどうやらしないようです。

では、P.P.Sとはどう言う事なのでしょう?

意味はあるのでしょうか?

このP.P.Sについても省略された英単語

と言う事が推測されます。

この省略された英単語を元に戻すと、

Post-Postscriptと言うものになります。

実はこのP.P.Sの正しい使い方は

再追伸と言うことになるのです。

追伸の追伸と言う事になるのでしょうが、

P.S.を書いた後に、P.P.Sとして使われることが

多いようです。

P.S.の正しい使い方はこれだ!

P.S.の正しい使い方とは、一体どうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

ビジネス文書でP.S.を使っていいのか?と言う疑問が出てきます。

本来であれば、確実にビジネスマナー違反になります。

ビジネス文書は1メールで1件が本当ですから、

P.S.と書かれていた場合には、

相手が混同してしまう可能性があります。

ビジネス文章では、P.S.は基本的にはNGと言う事になります。

相手に文章を書くのが面倒だと思われてしまう為です。

ビジネス文章でP.S.を使う場合には、

さりげないビジネスとは関係のないちょっとした

心遣いの時でもあれば使ってもいいのではないでしょうか。

相手の心使いを表現したい時

(寒くなりましたが体調を崩さないようにして下さい)

本文と全く関係のない文を送る時

(美味しいお店を見つけました。今度一緒にいかがですか?)

などのように使うのがいいでしょう。

またP.S.の場合は長文ではなく簡潔にする事がベストです。

ビジネス以外でもP.S.の活用法は

やはり簡潔な文が一番です。

本来のメールの内容に盛り込めればいいのですが、

どうしても書けなかったり迷ったりした場合に

P.S.を使うといいのではないでしょうか。

プライベートの場合のP.S.の扱いは

微笑ましいニュアンスの物が多くなりますからね。

好きな女性にメールを送って最後にPS I LOVE YOU

なんて今時書かないと思いますが、

こんな感じでプライベートでは使いこなせばいいのではないでしょうか。

まとめ

P.S.の意味や使い方について紹介してきました。

メールと言うと特に男性の方は長文を打つのが

面倒だったりするでしょうから、

結構端的なメールが多いのではないでしょうか。

その反面女性は文章の構成力が高いのか

長文を打たれる方も多くいるようです。

着地点は一緒のメールでも雲泥の差が生じます。

そんな時に、以前から言い忘れていた事を

端的に伝える手法としてP.S.と言う物が

メール時代になっても定着しているのでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする